在宅を楽しむボードゲーム 弾む対話、浮かぶ性格

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

我が家の断捨離候補だったボードゲーム。ポイする前、遊んでみたら思いのほか大興奮。盤を囲んで楽しむボードゲームが人気という。スマホゲームなどにはない魅力は何? ボードゲームの近況を追った。

引き出しの奥から出てきたのは「ごきぶりポーカー」。いつ買ったのかさえ覚えていない。ゴキブリ、ネズミなど8種類の害虫・動物を押しつけ合うカードゲームだ。相手が裏向きに出したカードの嘘・本当を見抜く。単純なルールだが、相手の表情や会話の機微を探るのがたまらない。対戦相手は妻。結婚20年。相手を知り尽くしていると思ったが連敗。したたかさを痛感する一方、盛り上がった。

ボードゲームとは直訳すれば盤上遊戯だが、今は電子機器を使わないアナログゲームを意味する。歴史や最近の動向を学ぶため曹洞宗洞松寺(山形県長井市)の住職でボードゲームジャーナリストの小野卓也さんに聞いた。「最近の人気は1980年代に欧州で誕生したカードゲームが発端。『モダンボードゲーム』と呼ばれている」

それまでのボードゲームは将棋や囲碁、マージャンが主流だったが、ドイツなどのカードゲームは開発者が「著者」、販売元が「出版社」と書籍のような扱いで、著者にファンが付く構図になるらしい。「ミステリー、謎解きといった物語に感情移入し、虚像と現実を同時に楽しめる新しい形ができた。運と技の双方が勝負の決め手である点も斬新」(小野さん)

東急ハンズ新宿店は約3年前から販売と種類が増え、現在は約300種を扱う。10~20代の若者がSNSなどで知り、買い求める。バイヤーの東海林智大さんは「インターネット世代にはアナログゲームが新鮮なのでは」と見る。

人気は「ナンジャモンジャ」や「はぁって言うゲーム」などルールが簡単で誰でもすぐに参加できるものだ。「チームで協力し合いながらゲームを進めるなどコミュニケーションに特化したゲームが売れている」(東海林さん)

ボードゲームの定番といえばタカラトミーの「人生ゲーム」。盤上のルーレットでコマを進める。1968年の発売以来、60作品以上、累計1500万個を販売した。日本で支持されたのは、すごろく的な要素を基本に「M&A(合併・買収)」や「バブル・IT世代」など、旬の話題を盛り込んだからだ。

「運の要素が強いが、家族や友人と楽しむスタイルは、対話を大切にする日本人に合っている」(タカラトミーの池田源さん)。勝敗ではなく、誰もが集える場所を提供するツールであり続ける。

エンタメ!連載記事一覧
次のページ
日本発のヒット作も
エンタメ!連載記事一覧