フライパンを長持ちさせるコツ 冷めてから水につける

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

フッ素樹脂加工のフライパンは、どこの家庭にもあるだろう。外出自粛の広がりで料理する機会が増えた人もいる。長く使うための使い方や手入れ法を確認してみよう。

フッ素樹脂で加工されたフライパンは料理が焦げ付きにくく、汚れ落ちしやすいという利点がある。大理石の粉を混ぜたマーブルコートや粒子状のダイヤモンドを配合したダイヤモンドコートなど、様々なフッ素樹脂加工が開発されている。

手軽に使えるうえ、ダメになっても買い替えやすい価格のものが多い。長く使うことをあきらめている人は多いかもしれないが、使い方や手入れ次第で長持ちさせることはできる。

温度急上昇避け 中火以下で調理

調理用品を企画販売する和平フレイズ(新潟県燕市)の河村茉実さんによると、「フッ素樹脂加工のフライパンは急激な温度変化によって傷みやすい」という。樹脂の下の素材にアルミを使うものが多く、熱伝導はよい。最大火力にしなくてもすぐに温まることから、「中火以下で調理する」(河村さん)のがポイントだ。

油をたくさん使わなくても焦げ付きにくいのがフッ素樹脂加工の特徴。だが、空焼きは避けたい。「点火前に少量でも油を全体に回しておけば、急激な温度上昇は避けられる」(河村さん)。フライ返しなどの調理器具は金属製ではなく、木製や樹脂製を使うと表面に傷がつきにくい。

水につけるのは調理後、少し放置して熱が冷めてからがいい。スポンジのやわらかい面でやさしく洗おう。

残った料理はできるだけ早めに保存容器に移すのがおすすめだ。河村さんは「塩分が樹脂にしみこみ、サビの原因になる」と話す。フライパンに残すとしても、一晩程度にとどめておこう。

注目記事
次のページ
焦げ付いたら 買い替えどき
今こそ始める学び特集