飲食店の料理、廃棄前に救出 日常でできるエコ見直し

NIKKEIプラス1

事前決済しているので、店舗では「TABETE」の画面を見せて料理を受け取るだけ
事前決済しているので、店舗では「TABETE」の画面を見せて料理を受け取るだけ

環境・社会問題を解決するため、国連が設定した「持続可能な開発目標(SDGs)」。国や企業が行動指針などを掲げる一方、まだ生活に根付いているとは言えない。専門家の意見を聞き、くらしの中のエコを見直した。

SDGsに貢献するにはどうすればいいか。社会や環境に配慮した消費に関する指導を手がける一般社団法人、エシカル協会(東京・渋谷)の末吉里花代表理事は「習慣化できるルールを一つ決めてみよう」と話す。ルールは簡単で継続できるもの、マイバッグやマイ箸などで構わない。実践するには周囲への発信もおススメ。モチベーションも高まり、話の種にもなる。

記者も生活を見つめ直してみると、改めてプラスチックごみが多いと感じた。弁当に付いてくるスプーンなどは使わずに捨てるものもある。国連環境計画によると、日本人1人あたりの使い捨てプラスチックの廃棄量は米国に次ぐ世界2位。マイボトルとマイバッグなどを使い始めたらエコへの意識が変わり、見逃していたプラスチック製品も目につき始めた。

ただ、なかなか気づかないプラスチックもある。プラスチックごみを研究する東京農工大学の高田秀重教授は「化粧品や衣類などに細かなプラスチックが使われている」と指摘する。プラスチックは色素が乗りやすく、口紅などに使われる。化学繊維は洗濯で擦り切れると、5ミリメートル以下のマイクロプラスチックとなって海洋汚染を引き起こす。

自分の衣類を調べたら、化学繊維を全く使っていないのは、タオル類とマフラーだけだった。高田教授は「綿や毛の比率が高いものを選ぶだけでマイクロプラスチックを減らせる」と勧める。

次は食、最近話題に上るフードロスを考えた。2016年度の日本国内の食品ロスは643万トン(農林水産省)。国民が毎日茶わん1杯分を捨てている計算だ。

フードロス削減に貢献できるのが、コークッキング(東京・港)が手がけるフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」。加盟する飲食店で廃棄される料理などがアプリに表示され、予約を入れた上で店舗に出向き「レスキュー」する。川越一磨社長は「日本は食料自給率の低さが指摘されるが、海外から輸入して捨てているのが実態」と指摘する。

注目記事
次のページ
認証付き商品選ぼう
今こそ始める学び特集