待たせず問診、検査漏れ防ぐ ITで医師ら働き方改革

東京歯科大学市川総合病院はロボットを使い患者の腎機能の異常をチェックする(千葉県市川市)
東京歯科大学市川総合病院はロボットを使い患者の腎機能の異常をチェックする(千葉県市川市)

長時間勤務が常態化する医療現場の働き方改革に、人工知能(AI)などのIT(情報技術)を活用する動きが広がっている。タブレット端末に患者が自ら症状などを答え、診察の待ち時間を減らしたり、事故防止のためのチェックにロボットを使ったりする取り組みだ。2024年度に医師の残業時間規制が始まるのを控え、業務の効率化と医療の質向上を両立させる狙いがある。

「来院の理由を教えてください」「いつごろから症状がありますか」。内科外来に1日約30人の初診患者が訪れる長野中央病院(長野市)は患者にタブレットを渡し、症状など約20問の質問に回答してもらう。

従来は看護師が直接、患者から症状を聞き取り、電子カルテに記入していた。問診までの待ち時間だけで30~40分かかり、医師による診察を受けるにはさらに待ち時間が必要だった。19年7月にAI問診ツールを導入し、患者は来院後すぐに問診を受けられるようになった。高齢患者が6~7割を占めるが、事務職員がサポートすれば9割以上が問題なく操作できた。「対面で聞かれるより答えやすい」との声も寄せられた。

病院側は問診やカルテ記入の業務を効率化し、問診担当の看護師を3人から2人に削減。人手が足りない採血や点滴などの業務に回せるようになった。

導入コストは約100万円。ツールを開発したUbie(東京・中央)によると、質問は患者の年代や症状、地域などを考慮して自動生成。診察時の医師のパソコンに病状の要約のほか、AIが内容を分析し、疑われる病名も参考情報として表示する。

小島英吾副院長は「AI問診は特に初めて来院した内科患者の診察で力を発揮する」と強調する。初診時は様々な病気を想定しながら医師が質問を重ね、病名を特定していくため時間がかかる。AIの活用でこの時間を短縮することができるといい、夜間・時間外診療での導入も検討中だ。

定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を取り入れる動きも進む。東京歯科大学市川総合病院(千葉県市川市)はRPAテクノロジーズ(東京・港)のシステムを導入。造影剤を使ってコンピューター断層撮影装置(CT)検査などを受ける患者の腎機能の検査結果を自動的に確認するRPAを使う。腎機能に異常があると造影剤の使用に注意が必要なためだ。

本来、主治医が患者の腎機能に異常がないかを確認したうえでCT検査などを依頼するのが原則だが、チェック漏れの恐れもあるため、検査を担当する診療放射線技師もダブルチェックしてきた。現在は患者の腎機能検査の結果をシステムが自動抽出し、チェック漏れを防げるようになった。

診療放射線技師の嶋田佳世子氏は「これまではダブルチェックのために1日約30人分の電子カルテを確認する必要があったが、大幅に作業を削減できた。人間によるチェックミスのリスクも解消された」と話す。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
月80時間の残業条件 医師も24年度から
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント