ソラ豆のかき揚げ ホクホク食感はこの季節ならでは

NIKKEIプラス1

「空豆三日」。ソラ豆がおいしいのは収穫して3日以内という意味で、この言葉のとおり、ソラ豆は鮮度が命の食材です。さやつきのほうが鮮度が保たれているのでおすすめ。さやから出して売られている豆を使う場合は、100gをめやすに購入し、なるべく早めに調理しましょう。

ほんのり黄緑色の、ホクホク食感はこの時期ならではの楽しみです。

材料(2人分、1人当たり369kcal)
・ソラ豆(さやつき)350g
・タマネギ80g
・桜エビ10g
・薄力粉大さじ1/2
・A[とき卵大さじ1、冷水大さじ2]
・B[薄力粉30g、片栗粉大さじ1/2、塩少々]
・レモン1/4個
・揚げ油適量

作り方(調理時間20分)

(1)鍋に湯300mlを沸かし、塩小さじ1/2(材料外)を加える。豆をさやから出し、3~4分ゆでて皮をむく。

(2)タマネギは横半分に切り、薄切りにする。レモンは縦半分に切る。

(3)ボウルに豆、タマネギ、桜エビを入れて混ぜ合わせ、薄力粉大さじ1/2をまぶす。

(4)別のボウルにAを合わせ、Bをふり入れてさっくりと混ぜ、衣を作る。(3)を加えて混ぜ、4等分する。

(5)揚げ油を170℃に熱し、2つずつ揚げる。(4)の1/4量を大きめのスプーンやフライ返しなどにのせて、鍋肌からそっと油に入れる。衣が固まってきたら上下を返し、カリッとするまで2分ほど揚げる。とり出して余分な油をきり、皿に盛る。レモンを添える。

献立の例 そば、卵どうふ

ひとくちメモ

桜エビ 水揚げ後、桜色に変化する姿から「海のルビー」とも呼ばれる桜エビ。駿河湾産と台湾産があります。やさしい甘味と香ばしさが魅力。カルシウムも豊富に含まれています。

(ベターホームのお料理教室 写真=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2020年4月25日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。

注目記事
今こそ始める学び特集