powered by 大人のレストランガイド

天然由来の「クラフトコーラ」 飲み進めると味が変化

NIKKEIプラス1

10種類以上のスパイスが入った原液に炭酸水などを加えてクラフトコーラを作る(東京都新宿区の伊良コーラ)=三浦秀行撮影
10種類以上のスパイスが入った原液に炭酸水などを加えてクラフトコーラを作る(東京都新宿区の伊良コーラ)=三浦秀行撮影

コーラはいつでもどこでも買える――。そんな既成概念を覆す手作り感たっぷりの「クラフトコーラ」が登場し、好奇心旺盛な消費者を刺激している。クラフトビールに続き、コーラにも人気の波が押し寄せるのか。

東京・高田馬場にある伊良(いよし)コーラ総本店。自社工房で作るコーラが家族連れや中高年など幅広い世代の客に好評だ。人工着色料や甘味料などを一切使わない。「10種類以上のスパイスやかんきつ類を材料に、子どもでも安心して飲める」(同店)。炭酸で薄めたドリンクのほか原液も販売する。

コーラ好きの記者(28)も飲んでみた。最初はかんきつ系のフルーティーな甘さとスパイスのほのかな刺激が口いっぱいに広がる。しつこさはない。ところが、飲み進めていくうちに、今度は甘さよりもスパイスのツンとした爽快感が強く感じられるようになる。

こうした「味変」も仕掛けの一つ。小林隆英社長は「工場生産のコーラにはないコクと奥深さを出した。味や風味の変化も堪能していただけたら」と強調する。

価格は通常のコーラの約5倍と安くないが、愛飲家は着実に増えている。会社員の木部聖也さん(27)は3度目の購入。「カフェでおいしいコーヒーを飲むように、ちょっとぜいたくな感覚でクラフトコーラを楽しんでいる」と話す。

小林社長は大学生だった10年ほど前から、世界各地のコーラを飲み歩き、コーラの魅力に取りつかれた。メキシコの高地で片頭痛を治すためにサトウキビのコーラを飲む体験などをしたという。2018年夏に創業。手ごたえをつかみ、今後は渋谷や原宿など情報感度の高い若者の集まる町にも出店する計画だ。

手軽な飲み物のイメージが強いコーラだが、1886年に初めて作ったのは米国の薬剤師だ。カフェインを含むコーラの実を材料にしたほろ苦いエキスをシロップで甘く味付け。薬用として飲まれるのを想定し、薬局やカウンター形式の喫茶店で売り出した。コカ・コーラの始まりと言われる。その後、ボトルや缶に詰めた流通・販売が定着し、コーラという飲料が世界に広まった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
次のページ
特保やエナジー飲料、大手も新商品
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト