朝ドラは週5話、歌舞伎に休演日 働き方改革の波

「エール」に出演する窪田正孝(左)と二階堂ふみ
「エール」に出演する窪田正孝(左)と二階堂ふみ

今春、NHK「朝ドラ」で物語の進行が週5話分に減り、歌舞伎にも休演日ができた。「働き方改革」のためだ。新型コロナウイルスへの対応もあり、昭和からの慣習が見直しを迫られている。

3月30日に放送が始まったNHKの連続テレビ小説「エール」。作曲家、古関裕而とその妻をモデルにした物語だが、毎週土曜の放送にだけ、お笑いコンビ、バナナマンの日村勇紀が登場することに驚いた視聴者もいるだろう。

4Kで負担増も

この春から「朝ドラ」の土曜が、日村のナビゲートによる総集編のような内容になった。放送は週6回だが、物語が進むのは月曜から金曜まで5話分。「朝ドラ」が週5話になるのは、1961年の第一作「娘と私」以来だ。

背景にはNHKが近年、進めてきた働き方改革がある。「かつては、朝ドラといえば早朝から深夜までの作業が当たり前だったが、もうそれはできない」と「エール」の土屋勝裕制作統括は話す。

しかも「エール」は朝ドラ初の4K制作番組だ。高画質で隅々までクリアに映るため、美術や編集作業にもこれまで以上の手間と神経を使う。撮影期間を従来の朝ドラより1カ月半ほど延ばして1年ほどにしたが、それでも週1話分、物語を減らすのはやむなしだったのだ。

「その分、隅々まで作り込んだ部屋のセットなど、映像に注目していただきたい」と土屋制作統括。加えて、新型コロナウイルスの感染拡大で、安全確保のために収録を一時中止する事態も起きている。働き方改革と感染症対策をどう両立させるか、手探りが続く。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
仕事の交代難しく
エンタメ!連載記事一覧