洗濯機のカビ・汚れ撃退 武器は酸素系漂白剤とお湯

NIKKEIプラス1

三浦秀行撮影
三浦秀行撮影

洗濯機の汚れをどうやって掃除すればいいか、頭を悩ませている人は多いだろう。縦型洗濯機を中心に、手に入りやすいもので掃除する方法を専門家に聞いた。

「一番汚れているのは洗濯槽の裏側。分解してみると、カビ汚れがびっしりついている場合が多い」。こう指摘するのは、「おそうじ本舗」を手がけるHITOWAライフパートナー(東京・港)グループ、くらしスタイル研究所の尾崎真所長だ。

洗濯機には衣類について持ち込まれた皮脂や食べこぼしのほか、ホコリ、せっけんカスなどがたまる。

尾崎さんは「内部は湿度が高いので、これらの汚れをエサにしてカビが発生しやすい環境ができる」と説明する。特に「洗濯物に黒いカスのような汚れが付いてきたり、いやな臭いがしたりする場合は要注意」という。

酸素系漂白剤 45~50度の湯に

洗濯槽洗いなどの機能がついた機種もあるが、そうではない洗濯機を使っている人もいるだろう。尾崎さんに、家庭でできる洗濯槽の洗浄方法を教わった。用意するのは、過炭酸ナトリウムを主成分とする粉タイプの酸素系漂白剤。まず、45~50度程度のお湯を注ぐ。洗濯槽全体をお湯につけ、汚れを緩めるためだ。

洗濯槽の掃除は、お湯で満たして酸素系漂白剤を投入。「洗い」と「すすぎ」モードで裏側の汚れを落とす。

10分ほど放置した後、酸素系漂白剤を500~600グラムほど注ぐ。「漂白剤に含まれる過炭酸ナトリウムとお湯が反応することで泡立つ。この発泡力によって汚れがはがれやすくなる」(尾崎さん)

注目記事
次のページ
2年に1回は専門業者に依頼