N
ヘルスUP
フィットネス

2020/4/4

フィットネス

続いてお勧めするのはバランス能力の維持・向上につながる「3分間サーキット」。ライン歩行がうまくいかなかった人も回復が見込まれる。

まずは肩幅よりやや広く横に脚を開いて戻す(1)サイドランジ。脚を開いたときに重心が中央になるようにするのがポイント。左右交互に10回繰り返す。続いて(2)斜めフロントランジ。45度程度前にやや大きく一歩踏み出して元に戻す。踏み出した脚の膝がつま先より前に出ないように注意する。再び(1)をこなした後に片脚を後ろに出して戻す(3)バックステップに取り組む。

(1)→(2)→(1)→(3)で1セットとして、それぞれの運動の合間に20~30歩程度の足踏みを挟む。(1)~(3)の運動は、反射神経の維持だけでなく、下肢の筋力の向上にもつながる。足踏みを挟むことで、持久力の維持も見込まれる。

運動不足を一気に挽回しようと意気込むことはない。無理なく試して続けることが重要だ。最初は足踏みのみでも十分。できそうな運動を選び、足踏みと交互に繰り返してもよい。足踏み時には息を強く吐くことを意識しよう。

コロナ対策が重要なこの時期、体力を過信せず適度な運動の刺激でバランス能力を維持し心身の健康を保ちたい。

(早稲田大学スポーツ科学学術院 荒木邦子)

[NIKKEIプラス1 2020年4月4日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント