くまなく洗浄、カビや細菌撃退 弁当箱・水筒手入れ法

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

いつも使っている弁当箱や水筒。つい洗い忘れてしまったということもあるだろう。衛生面での不安を解消する手入れのポイントをおさらいしよう。

最近の弁当箱や水筒は長時間保温・保冷したり、真空状態で密閉し劣化を遅らせたりできるなど高機能だ。そのためゴム製のパッキンの数が増え、構造が複雑で、細部の汚れを見逃しやすい傾向がある。

飲み物やおかずなどの水分が漏れないように作られた、気密性の高い弁当箱と水筒の手入れは共通する点が多い。

はじめに注意したいのはパッキンの洗浄の仕方。パッキンは弁当箱や水筒の素材に多いプラスチックとプラスチック、ステンレスとステンレスといった、硬い素材同士を水分が漏れないようにぴったりと接続するために使われる。

基本的にパッキンは、毎回すべて外して食器用洗剤で洗わなければならない。怠ると、気づいたときにはカビで真っ黒、ということが起こりやすい。接続する部分の隙間を埋めるパッキンだが、パッキンとプラスチックなどの間には微細な隙間がある。そこへ水分が入り込むと食品の残りを栄養分に、細菌やカビの繁殖に適した環境に。洗わずに使い続けると、不衛生な状態になってしまう。

パッキンの材料、ゴムは伸縮する特性がある一方で、目に見えない小さな穴がある。そこにカビの菌糸が入り込む。一度生やすと、洗って乾燥させても菌糸が残り、再生しやすい。衛生に保ち長く使い続けられるように、取扱説明書には目を通し、パッキンの場所を把握しておきたい。

溝や凹凸の部分 小さなブラシで

次に気をつけたいのが溝。特に水筒は従来型のコップに注ぐタイプではなく、飲み口から直接飲む「直飲み」が主流になっている。このタイプは水筒の飲み口、キャップ周辺の形状が複雑だ。溝や凹凸が多く、そこに茶渋やヌメリが生じやすい。

こうした汚れは、水で適当にすすぐだけでは落ちない。洗浄するときに使う道具としては、水筒には奥まで届く柄の長いスポンジや、溝の汚れに届く弁当箱専用の小さなブラシがおすすめだ。手早く確実に汚れに到達でき、洗い落とすことができる。このブラシは弁当箱のフタ部分の溝にも使い、おかずなどが挟まったら確実に取り除こう。

注目記事
次のページ
プラスチックは泡スプレー洗剤
今こそ始める学び特集