「病の源」ホコリ掃除の技 スクイージーで効率的に

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

家の中でいつのまにかたまっているホコリ。ウイルスをはじめ、花粉やダニ、カビがホコリに付着し、体内に入ると体調不良の一因になる。ホコリを効率的に除去する方法を聞いた。

どれだけ掃除をしてもなくならないホコリ。布団や衣服、紙などから出た繊維のクズのほか、土や砂、毛髪などがまざったものだ。

家の中に生じた小さなホコリはくしゃみやせきの原因になる。さらに浮遊したり、蓄積したりするうちに「不調を引き起こす可能性のある『病原ホコリ』になる」

病院や介護施設などで環境衛生について指導するプラナ(東京・千代田)社長、松本忠男さんはこう指摘する。

拡散を防ぐため 換気は掃除後に

木造で風通しがよかった昔の家に比べ、現代の住宅は高気密で温度や湿度が高い。ホコリに付いたダニやカビが増殖しやすい環境だ。春先は窓を開ければ花粉も入り込む。

なかでも今はウイルスが気になる人が多いだろう。「ウイルスは感染させる力がある間は粒子の大きいホコリに付き、除去するまで家の中を漂う」(松本さん)。こうした病原ホコリが口や鼻から入ると、体調不良を引き起こすおそれがある。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐには、換気が重要とされる。窓を開けて外気を取り入れると、室内に温度差が生じる。温かい空気は上昇し、冷たい空気は下降する。この気流に乗ってホコリは壁の上部につくほか、壁伝いに落ちる。できれば掃除を終えてから換気したい。

「ホコリは気流や湿度、静電気の影響で部屋の一定の場所に集まる」と松本さん。家全体を掃除するのは大変だが、たまりやすい場所を特定し、効率的に掃除することはできる。

使う道具は、ホコリを吸着しやすい化学繊維のはたきやモップ、使い捨てのドライシートなど。松本さんは窓掃除に使うスクイージーもすすめる。100円ショップなどで買えるものを用意し、「ゴムの部分をハサミで5ミリ間隔に切ると、ホコリが切り込みにつく」という。マイクロファイバーのクロスも効果的だ。

スクイージーはゴムの部分に5ミリメートル間隔で切り込みを入れる

ホコリが集まる場所として、室内全般に共通するのが壁の高い位置だ。壁面だけでなく、背の高い本棚や収納のほか、壁掛け時計など凹凸がある場所にもホコリはたまる。手が届く範囲はスクイージーで、届かないところは柄の長いはたきを使い、ホコリを飛ばさないようにそっと取り除く。

高いところから落ちるホコリは壁際から10~15センチぐらいまでの床にたまりやすい。吹き出し口の近くに大小の気流が発生するエアコンは、真下の部分にホコリが落ちる。こうした部分はドライシートを取り付けたモップを使うとよい。

注目記事
次のページ
掃除機や水拭き 習慣を見直して