抗がん剤で免疫失った子 予防接種、2度目でも助成を

抗がん剤の影響で免疫が弱まった子どもが受け直す予防接種の助成を求める声が上がっている。予防接種は公費で助成するため自己負担はないが、再接種は想定しておらず助成の対象外となっている。再接種を独自に助成する自治体もあるが、骨髄移植など血液成分をつくる造血幹細胞の移植をした患者に限る例も多い。患者の親でつくる団体は「助成対象を広げてほしい」と求めている。

骨髄移植などをした子ども向けに再接種費用の助成を知らせる大阪府のホームページ

大阪府池田市の石嶋瑞穂さん(41)の長男は7歳のときに小児白血病を発症、計2年間の抗がん剤治療を受けた。回復直後に受けた検査の結果、治療前は数値が正常だった水ぼうそうの免疫がほぼなくなっていることが判明した。

医師からは「治療の影響ですぐに再接種しても抗体がつかない可能性がある」と指摘され、半年待つことにしたが3カ月後、長男は水ぼうそうを発症。夫が同じウイルスが原因の帯状疱疹(ほうしん)になり、長男に感染してしまった。長男の症状は重く、10日間の入院を余儀なくされた。

予防接種の1回あたりの費用は1万円を超えることもある。複数回接種する予防接種もあり、総額が20万円近くになる可能性がある。

石嶋さんの長男は感染によって結果として免疫は得られたとみられる。石嶋さんは「複数の免疫を失っていたら再接種の負担は大きい。費用面で再接種できず、感染して苦しむ子どもや家族もいるだろう」と心配する。

石嶋さんは自治体に働きかけるとともに2019年10月、代表を務める一般社団法人チャーミングケア(池田市)の活動として有志の医師の協力を得て、提携する医療機関で再接種した場合は自己負担がゼロになるようにした。提携していない医療機関で費用を負担した場合、大阪府と兵庫県内に限って半額を助成している。

骨髄移植など造血幹細胞移植の影響で全ての免疫を失った子どもに対して独自に助成する自治体はある。

大阪府は18年4月に市町村による助成額の半分を府が補助する制度を始めた。都道府県による市町村への補助は全国初とみられる。府の担当者によると、府内の全43市町村が費用を助成している。

だが大阪府の基準では石嶋さんの長男のように抗がん剤治療などで一部の免疫を失った子どもは対象外だ。小児がんの子どもの親から「抗がん剤治療後に免疫が消えてしまった」という声をよく聞くという石嶋さん。「再接種が必要になる子どもは一定数いるうえ、個人では費用の負担が重い。抗がん剤による治療なども助成の対象に含めてほしい」と訴える。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
助成実施、18年は89市区町村
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント