花粉が原因の皮膚炎に注意 冬の乾燥が春の肌荒れ招く

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

冬場の乾燥でダメージを受けた肌に、花粉という刺激が加わると、目のまわりなどに赤みやかゆみが現れることがある。花粉が引き起こす皮膚炎だ。発症の仕組みを知り、春に向けて万全の対策をとりたい。

今年も花粉の飛散量が増える季節がやってきた。花粉症の症状といえば、目のかゆみや鼻炎が一般的だ。一方、花粉が原因で肌に炎症が生じる人もいることが近年知られるようになってきた。花粉の飛散時期だけに発症する肌荒れだ。これも花粉症の一症状という見方がある。

こうした皮膚炎は、赤い発疹ができ、皮膚にかゆみを伴うことが多い。浅井皮膚科クリニック(横浜市保土ケ谷区)院長の浅井俊弥氏によると、鼻水やくしゃみなど花粉症の症状がない人でも、「肌に炎症が出る人がいる」。

花粉による皮膚炎は、肌のバリア機能の低下によって起こる。肌には本来、外部からの刺激をブロックするバリア機能が備わっている。この機能が正常に働くためには、肌内部の水分が十分に保たれていることが必要だ。ところが春先の肌には、冬の間の冷たく乾いた外気や室内の暖房による乾燥ダメージが蓄積している。肌内部の水分が減ってバリア機能が低下し、外的刺激に敏感になっている。そんな肌に花粉が付着すると、アレルギー反応が出て肌荒れを引き起こす場合がある。

「特に出やすいのは目のまわり。皮膚が薄く、バリア機能が最も弱い部位だから」と東邦大学医療センター大橋病院(東京・目黒)皮膚科客員教授の向井秀樹氏は話す。

花粉による皮膚炎は女性に多い。バリア機能を低下させるのは、乾燥という季節要因だけではないためだ。化粧も関係する。「化粧を落とす際に、ごしごしこすったり洗浄力の強いクレンジング剤を使ったりして、バリア機能を壊してしまうことがある」(浅井氏)。化粧落としの刺激が皮膚炎の発症につながる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント