子の口唇口蓋裂、悩まないで 手術で外見も問題なく

口唇口蓋裂は赤ちゃんの上唇や上顎が分かれた状態で生まれる病気だ。裂けた部分を縫い合わせるのが基本で、出生後すぐに治療を始めて何度か手術をする。大人になったときに外見からほとんど分からない程度まで治る。妊娠中の胎児の超音波検査などで病気が分かる例も増えており、専門の治療センターの整備も進む。「きちんと治るので深刻に捉えないでほしい」と専門家は口をそろえる。

口唇口蓋裂は体の表面に起こる先天性疾患で、日本では約500人に1人と比較的高い割合で発生する。唇は妊娠8週頃、上顎は12週頃に組織がくっついてできあがる。何らかの原因でうまくくっつかなった場合に口唇口蓋裂になる。

関連する遺伝子の報告はあるが全体の仕組みは未解明だ。「多くは原因不明で、たまたま発生したと考えられる」と大阪大学歯学部付属病院の口唇裂・口蓋裂・口腔(こうくう)顔面成育治療センター長を務める古郷幹彦教授は説明する。ただ親や兄弟姉妹が口唇口蓋裂だと発生頻度は約50人に1人になる。心臓病などを合併することもある。

口唇口蓋裂は出生前診断の対象ではないが、妊婦が通常受ける超音波検査で判明することがある。愛知学院大学口唇口蓋裂センターの夏目長門教授(特定非営利活動法人日本口唇口蓋裂協会常務理事)は「ショックを受け、責任を感じてしまう妊婦も多い。子供の父親や祖父母も含め、正しい知識を身につけてもらうことが大切だ」と強調する。

口唇口蓋裂の発生と妊婦の生活様式などは関係がないこと、長期の治療が必要だがきちんと治ることなどを理解してもらうのが柱だ。夏目教授らは口唇口蓋裂に関するビデオ映像を作り、産婦人科医院などに配布しているほか、電話相談なども受け付けている。

阪大では近隣の産婦人科医院などと連携し、出生直後に専門の歯科医を派遣している。病気のことを理解して退院後に歯学部病院を受診してもらうためだ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
再生医療で鼻の形改善 国に承認申請
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント