食器棚、使いやすく美しく 「毎日使用」は中段に収納

NIKKEIプラス1

遠藤 宏撮影
遠藤 宏撮影

食器棚に並ぶ茶碗や皿。スペースが限られる上、ひんぱんに出し入れするだけに乱雑になりがち。使いやすく見た目もきれいな収納のコツをおさえよう。

取り出すたび、重ねた皿から引っ張り出したりじゃまな器をよけたり。食器棚が使いにくいと感じるのは「多すぎる食器が原因」。ハウスキーピング協会(東京・渋谷)の整理収納アドバイザー、関澤千恵さんはこう指摘する。活躍していない食器や、重くて使いづらいと感じている皿があるかもしれない。「あまり使わない食器を減らし、使用頻度で分ければ、置くべき場所が決まる」(関澤さん)。

出番多いもの 手前に置こう

全体量を把握するには、棚の外に一度すべて出す。減らす際の基準は「1年間に使ったか、使わなかったか」(関澤さん)。使った食器は、さらに細かく分ける。毎日使う、週2~3回使うなど頻度ごとに整理し、よく使うものから順番に収納する。

置く場所にも基準がある。毎日使う食器は、目の高さから腰までの高さを指す「ゴールデンゾーン」の範囲に。手前の使いやすいところから埋めていこう。テーブルコーディネーターの光田愛さんも、「毎日使いは中段。時々使うものは上段。大皿や鉢は下段」にまとめる。目線が届きにくい上段や奥のスペースは、出番の少ないものを入れる。

生活スタイルが変われば、使用頻度は変わる。これまでの習慣から「これは手に取りやすいところに置くもの」と思い込まないように。毎日汁物が食卓に上らない家庭なら、汁椀はゴールデンゾーンから離す。日常使いの湯飲みと客用をまとめて置いているなら、客用は分けて外してもよい。

食器の収納は、空間の7割にとどめる。ゆとりをもたせることでひと目でどこに使いたい皿があるか見渡せ、サッと取り出せる。「使っては、洗って」を繰り返すことによって、食器棚の中を衛生的に保てる利点もある。

奥の空間は出し入れしづらい。関澤さんのコツは「奥に台を置いて、手前より一段高くする」。また、手前に重ねすぎないことが肝心だ。重ねる目安は、家族の人数と同じ枚数。「ほかの皿を動かさないと取り出せない高さは、使わなくなる原因のひとつ」(光田さん)だ。

次のページ
色・柄や素材 似た物近くに