認知症の不明者なくそう 捜索アプリやQRコードで

認知症患者を抱える家族の負担を軽減するサービスが広がっている。徘徊(はいかい)などが社会問題化し、常に目を離せない家族の苦労は計り知れない。最近はIT(情報技術)を活用した早期発見のサービスが相次ぎ登場しているほか、大手カフェチェーンと連携し、家族のストレス軽減などに動き出した自治体もある。

「交番には年間186億円の現金が届けられ、7割が本人に戻る。日本人の助け合う力を生かし、迷子の認知症の人を早期発見できる仕組みをつくりたいと考えた」。社団法人セーフティネットリンケージ(札幌市)の高原達也代表理事は強調する。互助の力に着目し、不明者を捜し出すステッカーとアプリを開発。自治体が続々と導入している。

セーフティネットリンケージが開発したみまもりあいステッカー

流れはこうだ。家族は「みまもりあいステッカー」を患者の財布や携帯電話などに貼り付け、発見時に連絡がほしい回線を2つまで登録する。捜索への協力者は事前に無料の専用アプリをダウンロードしておく。

不明時、家族はアプリにID番号や顔写真、当日の服装などを記載し、捜索依頼ボタンを押す。最大20キロメートル圏内の協力者のスマートフォンに不明者の情報が届く。発見した場合、フリーダイヤルに電話し、ステッカーのIDを入力、家族の連絡先に電話がつながる。

「終電後の駅構内のベンチに座っており、駅員が袖のステッカーを見て連絡をもらえた」「軽い交通事故にあい、ステッカーを見た病院関係者から連絡を受けられた」。患者の家族から感謝の声が相次いでいる。

昭文社が販売するQRコードがついたシール「おかえりQR」

24時間365日利用可能だ。ステッカー48枚付きで年間3600円、入会費は2000円。このシステムを導入した自治体は福岡市、千葉県柏市などすでに24にのぼる。例えば、東京都八王子市ではアプリのダウンロード件数が9千件を超え、2018年度は捜索依頼が689件あった。通報件数は202件に達し、実際に成果を上げている。

「マップル」など地図・旅行書を取り扱う昭文社が開発したのは、患者の居場所の位置情報を家族に知らせるQRコードがついたシール「おかえりQR」だ。19年7月に発売し、首都圏の郵便局や楽天などネット通販サイトで気軽に購入できる。価格は1980円。

患者の持ち物に貼り付けて使用する。発見者がQRコードをスマホで読み取ると、家族に居場所を知らせる通知がメールで届く仕組み。郵便局の配達スタッフに対し、QRをつけた徘徊者を見つけたら、発見者として読み取るように周知活動を徹底している最中だ。

次のページ
25年、高齢者の5人に1人 初期症状に注意を