動くベッド、9分でZzz… スリープテックを試した

NIKKEIプラス1

マットレス下のセンサーが寝ている間の心拍数や呼吸数をチェックし、眠りの質を計る(東京都中央区のレム東京京橋)=三浦秀行撮影
マットレス下のセンサーが寝ている間の心拍数や呼吸数をチェックし、眠りの質を計る(東京都中央区のレム東京京橋)=三浦秀行撮影

「眠りの質」を高める最新技術を活用した商品やサービスが相次ぎ登場している。「スリープテック」などと呼ばれる技術で、センサーと連動するベッドや特殊な音を出すヘッドバンドを快眠につなげる。記者も試してみた。

1月某日、記者は「眠りをデザインする」がテーマのホテル「レム東京京橋」(東京・中央)の1日1室限定ルームに宿泊した。目玉は宿泊者一人ひとりの眠り方に対応したパラマウントベッドの新型ベッドだ。マットレスの下のセンサーが心拍数や呼吸数、体の動きを検知し、ベッドの方が寝やすいように人間の姿勢を変えてくれる。

購入すればセンサーなど一式47万3000円(希望小売価格)。ベッドは専用アプリを入れたスマホを借りて操作する。起床時には睡眠の質を100点満点で採点する。

まずは「入眠」。上体を10度起こした状態になる。「腹部臓器などによる肺の圧迫が軽減され、呼吸が楽になってリラックスする」(同社睡眠研究所の椎野俊秀主幹研究員)。病院患者にも採用する「ファウラー位」を参考にした姿勢だそうだ。睡眠に詳しい古賀良彦杏林大学名誉教授の監修による20~40代の男女8人の実験で検証した。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧