もう悩まない今日の献立 日付で固定、好物リスト作成

NIKKEIプラス1

お好み焼きは食材の在庫整理にも役立つ。キャベツや豚バラ肉のほか、ダイコンやカブの葉、ちりめんじゃこ、ニンジン、油揚げ、チーズ、すぐき漬けも入れる
お好み焼きは食材の在庫整理にも役立つ。キャベツや豚バラ肉のほか、ダイコンやカブの葉、ちりめんじゃこ、ニンジン、油揚げ、チーズ、すぐき漬けも入れる

「毎回、家族で食べるメニューに悩む」「同じようなメニューで飽きてきた」「マンネリ化を何とかしたい」という声をよく聞く。

そこで今回は、メニューの組み立て方について提案したい。

迷わないために、まずはお決まりメニューで固定するのがおすすめだ。例えば、海上自衛隊は曜日感覚をつけるため、帝国海軍の時代から金曜日はカレーと決まっているという。

考える手間を省くため、栄養を考えてなど諸説あるが、京都のある商家では毎月1日には小豆ご飯、8のつく日はあらめ(海藻)と揚げの煮物、月末はおからのいりものだった、と文献にある。

残った食材使い冷蔵庫内を整理

これをヒントに、第1日曜日は景気づけの焼き肉、給料日前は冷蔵庫の在庫整理で何でも入れて焼くお好み焼き、などと決めるとよい。我が家は冷蔵庫で中途半端に残った食材を使い切るため、定番のキャベツや豚バラ以外に漬物やちりめんじゃこなど、様々な食材をお好み焼きに入れる。こうした在庫整理メニューがいくつかあると便利だ。おそらく京都の商家のおからのいりものも、残った食材を混ぜて作ったのだろう。

家族の好物を書き出してリストにするのも有効だ。例えば、3人家族で5つずつなら15食分のメニューが出る。「また食べたい」や「おいしかった」でいい。我が家では小学校低学年の頃から子どもが自分で書き足し、「おいしかった」「また食べたい」、それが好物になるという流れができた。

このリストを基に今日のメニューを決めるメリットは、ハズレがないこと。家族の誰かは間違いなく喜んでくれる。これは作り手にもうれしい。頭を悩ませずとも喜んでもらえるのは楽だ。

メニューの構造を考えてみるのもよい。料理は「食材×調理法×味付け」の組み合わせ。例えばニンジンとタマネギ、ジャガイモをしょうゆ、砂糖、酒で下味を付けた肉と一緒に焼くと和風の甘辛い焼き料理に。同じ食材を煮ると肉じゃがに。さらにコンソメをベースにすればポトフに。何かを固定してほかを動かすとメニューも幅が生まれる。

注目記事
次のページ
レシピ情報集め すぐ作るように