パラスポーツを体験 車いすの高度な技術・激しさ圧巻

NIKKEIプラス1

クラブチーム日本一を決める皇后杯の決勝戦で、激しくボールを奪い合う選手たち(神戸市中央区)=大岡 敦撮影
クラブチーム日本一を決める皇后杯の決勝戦で、激しくボールを奪い合う選手たち(神戸市中央区)=大岡 敦撮影

東京パラリンピックは五輪を上回る539種目で世界のトップが技と力を競う。五輪記録と肩を並べる種目もあり、もはや五輪の「障害者版」ではない。車いす競技など健常者も体験できるパラスポーツ。魅力を探った。

1月13日、女子車いすバスケットボールで8チームが日本一を争う皇后杯が開かれる神戸市立中央体育館に向かった。3位決定戦と決勝戦の間に開催される無料体験会に参加した。日本最高峰の試合当日の会場で競技をPRする自由な雰囲気に驚いた。

まず敵に見立てたポールをかわしながらスラローム。「進みたい方向をしっかり見て、スピードを意識してゴールの下に」。男子日本代表候補の秋田啓選手から直々にパスをもらう。そしてシュート。

記者(56)は大学時代、体育会バスケ部。車いすはともかく、ボールの扱いには少し自信があった。最初の2回は片手で下から打つレイアップシュートを試すが、届かない。下半身が使えず、打点が1メートル以上も低いので想像以上にゴールが遠い。3回目。車いすのスピードをセーブしながらゴールを見据え、両手をタイヤから放す。上半身だけを意識して顔の前に両手で構えるセットシュートで、やっと入った。「ナイスシュート」。秋田選手が褒めてくれる。照れくさいが気持ちいい。

秋田啓選手(奥)らが指導した体験会。バスケ経験者でも距離感をつかむのが難しい(神戸市中央区)

車いすにはブレーキがない。ダッシュ、ストップ、ターンは両手でタイヤをコントロールする。ほんの短い時間だが、左右の腕の力加減で車いすをコントロールする楽しさが少しわかった気がする。猛スピードでゴールに向かい急停止してターンをしながらシュートを決める秋田選手の姿を見ると、人間の腕が持つ能力の高さに圧倒される。

体験会後の決勝戦。注意して見ると、手を使わず体幹だけで車いすを微妙にコントロールするのがわかる。女子はパラリンピックで過去2回メダルを獲得している。トップアスリートがコートを走り回り、時に転倒しながらも自在に操縦する姿。車いすは人と一体化している。「車いすでも面白い」のではなく「車いすだから面白い」と思える。

試合を面白くしているのが障害程度によるクラス分け制度だ。軽い(ハイポインター)から重い(ローポインター)まで4.5~1.0ポイントの持ち点があり、コート上の選手の合計を14点以内に抑える。障害が重い選手も戦略的に出場機会が生まれるわけだ。チーム構成を巡る戦術や駆け引きも見どころだ。

エンタメ!連載記事一覧