ネコが出版界の救世主? 関連本ブーム、猫店員も活躍

保護猫が店内を自由に動き回るキャッツミャウブックス
保護猫が店内を自由に動き回るキャッツミャウブックス

空前の猫ブームと言われる現在、不況に悩む出版界でも猫が救世主になっている。新刊書籍が売れ行きを伸ばし「猫本屋」が相次ぎ開業。背景にはブームの一言では片付けられない、脈々と続く猫と日本人の物語がある。

この世に猫がいたから、今までやってこれた――。廃業の危機を猫に救われた書店が本の街、神保町(東京・千代田)にある。創業40年になる姉川書店だ。

外観は、昔ながらの町の本屋といったたたずまい。だが、一歩足を踏み入れれば、約2500冊の猫本が面出し、平積みでずらりと並ぶ。書店内の書店と位置づける「神保町にゃんこ堂」を目当てに、多い日は100人以上の客が訪れる。

もっとも一般的な品ぞろえで営業していた2010年代初めには閑古鳥が鳴き、廃業さえ考えたという。「何とか人が立ち止まってくれるコーナーをつくれないかと、店主である父から相談を受けて目をつけたのが猫本だった」と娘の姉川祐夏里さんは振り返る。

「猫の本は表紙から目を引く。表紙がいい本は装丁が丁寧に作られており、中身もいい」。13年6月に一部の棚を猫コーナーに模様替えし、2年前には扱う書籍の95%以上を猫本が占めるようになった。

猫本でにぎわう神保町にゃんこ堂

自己啓発本にも

近年増えているのは、猫の生き方を参考にした自己啓発本だという。「猫はためらわずにノンという」(ダイヤモンド社)「猫ブッダは悩まニャイ」(ワニブックス)などは「人の目を気にしすぎてしまう現代人の気持ちに合っているのでは」と姉川さん。

猫と書店の相互扶助を掲げるところもある。17年に開業した「キャッツミャウブックス」(同・世田谷)は店主が飼う4匹の保護猫(飼育放棄や迷子などで飼い主を失った猫)が「店員」として自由に動き回る。売り上げの10%は猫の保護活動に寄付している。

「趣旨に賛同して毎月たくさんの本を購入してくれる方や古書を寄贈してくれるお客さんもいる」と店主の安村正也さん。開業当初は猫の写真を撮って帰ってしまう人も少なくなかったそうだが、徐々に書店としての存在感を増してきた。

特色は文芸書や人文書の豊富な品ぞろえ。内田百●(もんがまえに月)が愛猫の失踪を嘆き悲しむ連作「ノラや」、谷崎潤一郎が猫を中心にした男女の三角関係を描いた「猫と庄造と二人のをんな」といった有名な猫小説に加え、猫がわずかしか登場しないジョージ・オーウェル「動物農場」なども並ぶ。「作中に猫が出てくれば猫本」と位置づけて、猫本屋の中でも差別化を狙う。

「猫をきっかけに、本に興味を持ってもらえたら」と安村さん。常駐する猫が招き猫のごとくお客を呼び、売り上げがまた別の猫を助ける。そんな好循環を目指している。

猫と人の共生の物語は、現代人の乾いた心にしみているようだ。

野良猫が幸せに

「野良猫や捨て猫が幸せになる話が増えている」。週1、2回開店する書店「ネコオドル」(埼玉県寄居町)の店主、清水久子さんはそう分析する。18年に開業し、19年夏に祖母が営んでいたたばこ店を改装した現在の店舗に移転した。品ぞろえの約6割が猫本で、飼い猫たちも時折店番をしている。

清水さんは15年以上のキャリアがある司書。勤務先の図書館では一般書などを担当するが、店では「是非大人にも読んでほしい」と絵本に力を入れる。「19年、絵本を対象にした賞をいくつも獲得した『なまえのないねこ』(小峰書店)など、野良猫が幸せをつかむ話が目立つ。保護猫に手を差し伸べよう、という風潮を絵本の世界でも感じる」

17年、ペットフードメーカーの業界団体が国内の猫の飼育数(953万匹)が初めて犬(892万匹)を上回ったと発表。猫のグッズや写真集などが人気を集め、その経済効果「ネコノミクス」は2兆円を超すとの試算もある。出版科学研究所の調べでは、16~18年に出たペット関連書籍のうち、猫は307点。犬の222点を大きく上回る。

思えば猫は古来、書物や穀物をネズミの害から守る益獣として人に寄り添ってきた。猫本屋は猫と現代人の深まる関係を象徴しているのかもしれない。

[日本経済新聞夕刊2020年1月27日付]

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧