アルコール依存症治療 まず「減酒」でハードル低く専門外来が支援、進む新薬の処方

アルコール依存症の治療で、酒量を少なくする「減酒」の考えを取り入れる医療機関が現れ始めた。減酒向けの新薬の処方は進んでおり、専門外来を開設するクリニックも登場している。いきなり断酒する自信がない人の受診のハードルを下げ、潜在的な患者を治療につなぐ入り口としての役割が期待されている。

久里浜医療センターの「減酒外来」では、医師と摂取するアルコールの目標値を決める

東京都杉並区の男性会社員(40)は、30代半ばから深酔いして記憶を失う「ブラックアウト」に陥る回数が増えた。日々の晩酌はたしなむ程度だが、週1回の社内の飲み会ではブレーキが利かない。気づけば生ビールを7杯、酎ハイも6杯……。終電で遠方の駅まで乗り過ごす失敗も一度では済まなくなった。「繰り返し記憶を飛ばすようになって怖くなった」

財布などの紛失も続き、家族の勧めもあり治療を決意。2019年9月に「さくらの木クリニック秋葉原」(東京・千代田)の「減酒外来」にたどり着いた。「社外との酒席もあって断酒はハードルが高く、まずは減らすことから始めたいと思った」

初診では「軽症のアルコール依存症」と診断された。飲み会のたびに適量の目安(ビールで500ミリリットル程度)の10倍にあたる200グラム程度のアルコールを摂取していたが、医師のカウンセリングのもとで暫定的に60グラムと設定。飲酒量を毎回記録したうえで月1度の通院時に達成度合いを報告している。

19年3月に保険適用された飲酒量低減薬「ナルメフェン」の処方も受ける。脳内の分泌物に作用して飲酒の高揚感を抑えるなどの効果があり、飲酒の1~2時間前に1錠を服用している。男性は「飲むペースが格段に遅くなり、ビール2杯で十分と思えるようになった」と感じている。

ナルメフェンの処方は、1日平均のアルコール摂取量が男性は60グラム、女性は40グラムを超えるといった基準を満たす依存症の患者が対象となる。

同クリニックが19年に57人の患者に実施したアンケートでは、「明らかに酒量が減った」「意識がなくなるまで飲まなくなった」など症状の改善がみられる回答が約7割に上った。一方、眠気や吐き気など副作用を訴え、服用をやめた人も一定数いた。

オフィス街に近い同クリニックには働いている人が多く受診する。減酒外来は家族らのサポートが必要な断酒治療と違い、基本的に一人で来院する患者がほとんどだ。

飲酒を自分で制御できなくなるアルコール依存症は職場の欠勤や家庭内の不和、うつ病の併発などを引き起こす患者が目立つようになっているという。

同クリニックの倉持穣院長は「偏見をもたれやすく、断酒の治療に抵抗を感じる人も多い。減酒外来は治療につなぐ入り口として効果的だ」と説明する。

注目記事
次のページ
酒量記録・警告アプリも
今こそ始める学び特集