日記による管理も小学生に適しているという。思い切り空気を吸いこんで一気に息を吐き出した時の息のスピードを測り、その値を記録する。「ピークフロー値」と呼ばれ、気道が狭くなると値が小さくなる。

成田氏は「毎日、少なくとも朝と夕の2回計測することが望ましい」と話す。健康な状態の値と比べて8割を下回ると注意が必要だという。医師の指示に従い気管支拡張薬を使うことなどを判断する。

ぜんそくにかかる人の80~90%は6歳までに発症するとされる。保育所や幼稚園に入ると風邪をひくことが増え、ぜんそくの症状も出やすくなるという。

ぜんそくとわかっていれば、保育所には服薬の状況やアレルゲンなどの注意事項、急な発作が起きた際の対応方法を伝えておく。自分で苦しいと伝えられない乳児の場合、「ミルクを飲まない」とか「せき込んで眠れない」といった発作時の症状を共有しておけば、保育所側も対応しやすい。

運動後に子どものせきがおさまらないなどの様子をみて、保育所や幼稚園側がぜんそくの兆候に気がつく場合もある。

厚生労働省は保育所向けにアレルギー対応のガイドラインを策定。子どもへの対処方法をまとめて用意しておくことや、発作を抑える薬の吸入時に使う補助器の使い方を職員が習得することを促している。

◇  ◇  ◇

アトピー性皮膚炎 合併も

アレルギー疾患にはぜんそくのほか、鼻炎や結膜炎、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどがある。子どもの場合、どれか1つだけ発症するケースは少なく合併していることが多い。

乳児のころにアトピー性皮膚炎がある場合、発育につれて食物アレルギーやぜんそく、鼻炎などほかのアレルギー疾患を発症する確率が高くなることもわかっているという。成長に応じて次から次へとアレルギー性の疾患が発症することを「アレルギーマーチ(アレルギーの行進)」と呼ぶ。

国立成育医療研究センターの研究では、新生児のころから保湿剤を塗布することで、アトピー性皮膚炎の発症リスクを3割以上軽減できた。その後の多くの研究でアトピー性皮膚炎の発症が、卵アレルギーの発症と関連することも確認された。アトピー性皮膚炎を予防することでぜんそくなどほかのアレルギー疾患も防げる可能性もある。

(新井惇太郎)

[日本経済新聞夕刊2020年1月15日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント