「ハラル」生活してみた 化粧品も歯ブラシも特別仕様

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

訪日外国人と共に街に増える「ハラル」「ムスリム・フレンドリー」の表示。日本も食での対応は進むが、実はイスラム教徒の生活全般に及ぶ考え方だ。ハラルを意識して暮らしてみた。

ハラルとはそもそも何か。ハラル認証を手掛ける宗教法人日本イスラーム文化センターのクレイシ・ハールーン事務局長は「ハラルは『合法』という意味。コーランが禁じた豚肉や酒類など以外の物を指す」という。同センターはマレーシアやアラブ首長国連邦(UAE)と同じ基準で食品や化粧品を認証し、現在は国内約130社が取得する。

日本でハラルを意識した生活をするとどうなのか。記者の化粧水にはアルコール、シャンプーにはコラーゲン。コラーゲンは魚や動物から抽出され、豚由来であることも多く注意が必要だという。

販売元に問い合わせるとコラーゲンは魚由来との回答をもらえたが、実際にハラル認証の生活用品を集めてみた。ドラッグストアなど観光地周辺の店舗で化粧品を実験的に並べている動きも出ているが、記者の生活圏では見当たらない。「ハラル」「化粧水」などでインターネット検索し、取り寄せる必要があった。

ナチュレモフィード(東京・大田)のハラル認証のシャンプー。イラン出身で最高経営責任者(CEO)のモハマッド・シャハラムさんは「故郷で『いいもの』とされる植物由来の素材で作った」。実際に使うと泡立ちにくく、洗い応えはなかったが、髪を乾かすと自然な花の匂いが漂う。人工香料に慣れた鼻にも心地よい。コンディショナーいらずと聞いて他のヘアケア用品は一切使わなかったが、髪がきしむこともなかった。

実際に使ったハラルに対応した商品。 中央右はイスラム圏で流通する「歯ブラシ」

ハラル認証の化粧落としなどを扱う石田香粧(東京・台東)は通常製品と生産ラインを分ける。通常製品で原材料の植物から油を抽出するのにアルコールが使われるためだ。設備投資分が上乗せされているのか少々お高め。肝心の洗浄力は、1回だけだとアイラインが目尻に黒く残り、2、3回かけて化粧の気配がゼロになった。洗い上がりはしっとりだったが、すっきり感は物足りなかった。

見落としがちなのが歯ブラシの毛。記者が何気なく使う商品は化学繊維だったが、大手メーカーのライオンは、実店舗での扱いは少ないが1種類だけ豚毛を使っている製品があるという。イスラム圏でも、日常生活では化学繊維の歯ブラシが普及しているそうだが、祈りの前に使う携帯用として、木の棒型の歯ブラシを使って身を清める習慣があるというので試してみた。

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
「旅行しやすさ」世界3位
MONO TRENDY連載記事一覧