乾燥する冬はドライアイに注意 涙の成分変化で視力低下も

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

目の表面が乾くことで様々な不快症状が表れるドライアイ。パソコン、エアコンの普及で患者が増えている現代病だ。空気が乾燥しがちな冬場は一段の用心が必要。発症のしくみを知り、備えを入念にしたい。

目が疲れやすい、しょぼしょぼする、ゴロゴロする、かすむ、痛い――。ドライアイは涙の量が減ったり質が低下したりする状態のことで、目の乾燥感のほか、様々な不快症状を引き起こす。

涙には2種類ある。泣いたときに出る「反射性分泌の涙」と目の表面を常に覆い保護する「基礎分泌の涙」で、後者がドライアイに関係する。

基礎分泌の涙は油、水、ムチン(糖タンパク質の一種)の3層から成る。水の蒸発を防ぐ油、目を潤し角膜に栄養を供給したり異物を洗浄したりする水、水を目の表面に均一に広げて定着させるムチンと、それぞれ大切な役割を担う。基礎分泌の涙が減ったり3成分のバランスが崩れ涙の層が不安定になったりすると目の表面が乾いて傷ついたりし不快な症状につながる。

涙の量や質が変化する原因の一つは加齢だ。年齢を重ねると涙の分泌量が減る。慶応大学医学部眼科学教室特任准教授の小川葉子氏によれば「涙の量は十分だが油やムチンの成分が少なくなるケースもある」という。

もう一つの原因は生活習慣の変化だ。例えばパソコンやスマートフォンの長時間使用。画面を凝視し続けると、まばたきの回数が減り乾燥しやすくなる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント