青山のラグビー日本代表スーツ パレードで再び注目

日経MJ

2019/12/18

紳士服の青山商事が7月に売り出した「ラグビー日本代表公式スーツ」が注目を集めている。ラグビーワールドカップ(W杯)で初の8強に上り詰めた代表チームの活躍に加え、11日に東京で開かれたパレードを受けて問い合わせが殺到。中心サイズはほぼ完売しているという。

日本メーカーの高品質なウール生地を使用し、縫製は裁断から仕上げまでの全工程を国内で手掛けた。紳士のスポーツと呼ばれるラグビーらしい黒色の落ち着いた織り柄の生地を使った。「着心地が軽やかで、代表選手らにも好評」(青山商事)だったとしている。青山商事の高級ブランド「ヒルトン」で取り扱う。価格は税別5万9000円。ネット通販に加え、全国の「洋服の青山」店舗でも展開する。桜模様をあしらったネクタイや公式シャツはいずれも同4900円~で販売する。

[日経MJ 2019年12月18日付]

「イイネ!」記事一覧

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト