侮れない冬の唇荒れ 胃腸障害などの病気の恐れも

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

空気が乾燥する冬は唇が荒れがちだ。放置していると重症化しかねない。また、胃腸障害など他の疾病が潜んでいることもある。決して侮らずに、唇荒れにつながる習慣を見直し、予防、改善に努めよう。

冬は唇の荒れが気になる季節だ。ユースキン製薬(川崎市)が10~40代の女性1000人を対象に行った調査では、85%の人が唇の荒れを自覚。そのうちの半数以上が軽度のかさつき、約20%が皮むけや軽度のひび割れ、約10%がひび割れて出血や痛みがあると答えている。

唇は粘膜と皮膚の境目にあり、他の部位の皮膚とは構造が異なる。アオハルクリニック(東京・港)院長の小柳衣吏子氏は、「油分を保つ皮脂膜がほとんどなく、皮膚の外側の角層が非常に薄い」と解説する。そのため、水分が蒸発しやすく、バリア機能を保ちにくい。外的刺激の影響も受けやすいという。

唇荒れに最も影響するのは、気温や湿度の低下による乾燥だ。乾燥により唇が乾くと、なめてうるおそうとしがち。だが、唾液とともに唇に残る水分まで蒸発するので、かえって乾燥が進む。

唇が荒れると気になって、なめるほか、かむ、唇を巻き込んでぎゅっと閉じる、皮をむくといった癖が生じやすい。「そうした癖が、唇荒れを助長する悪循環につながってしまう」(小柳氏)

また、冬には見落とされがちだが、唇は紫外線の影響も受けやすい。乾燥が進みバリア機能が低下した状態で無防備に紫外線を浴びると、「唇が荒れるだけでなく、外縁に点々とシミができることもある」(小柳氏)という。

東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)皮膚科臨床教授の関東裕美氏は、「歯磨き剤に含まれる洗浄成分が刺激となって、唇荒れを起こしているケースもある」と指摘する。唇荒れが気になるときは、歯磨き剤の使用を中止し、歯ブラシでのブラッシングやフロスのみで様子を見ると、改善することもある。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント