powered by 大人のレストランガイド

代替肉を食べてみた 植物由来の牛・豚・鶏どんな味?

NIKKEIプラス1

今回試食した代替肉(奥右から)SEE THE SUN「ゼンミート」、マルコメ「大豆のお肉 乾燥タイプ」、「大豆のお肉 レトルトタイプ」。手前は本物の鶏肉=三浦秀行撮影
今回試食した代替肉(奥右から)SEE THE SUN「ゼンミート」、マルコメ「大豆のお肉 乾燥タイプ」、「大豆のお肉 レトルトタイプ」。手前は本物の鶏肉=三浦秀行撮影

大豆など植物由来の原料で造られた「代替肉」が牛、豚、鶏に続く「第4の肉」ともいわれ、注目を集めている。動物の肉そっくりの食感が売り物というが、どこまで本物に迫っているのか。

代替肉が注目を集めたのはこの数年。植物由来で、コレステロールの代わりに食物繊維を含む健康食材である一方、動物肉と同様、豊富なたんぱく源にもなるためだ。海外の代替肉はエンドウ豆を使うケースも多いが、日本は大豆を使った製品が主流だ。

国内では従来、外食産業など業務用にハンバーグやソーセージなど加工食品の形で普及していた。最近は一般消費者向けにも、食感や風味を改善した商品が相次ぎ登場してきている。イトーヨーカドー横浜別所店(横浜市)は10月、精肉売り場に代替肉コーナーを設けた。

さっそく代替肉と動物肉で同じ料理を作り、食べ比べてみることに。調理は東京・目白のアジア風家庭料理店「ビストロAmi」に依頼した。

森永製菓の孫会社SEE THE SUN(神奈川県葉山町)の「ゼンミート」(原料は大豆と玄米)、マルコメの「大豆のお肉」(大豆)、ベンチャー企業のグリーンカルチャー(東京・葛飾)の「グリーンズミート」(大豆や植物油脂など)の3種類。湯戻しが必要な乾燥タイプとレトルトタイプをそろえた。

代替肉自体は基本無味で、メーカーの多くは味付けの濃い料理を推奨する。そこで唐揚げなど、家庭でもできる比較的味の濃い5品を選んだ。

オーナーシェフの奥山朱美さんは代替肉を使うのは初めてだという。記者は事前に材料を教わらず試食してみた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
次のページ
飲食店や総菜店にも広がり
メールマガジン登録
大人のレストランガイド