胎児の健康チェック、素早く正確に 心電図や超音波で

母親のおなかの中にいる胎児の病気や異常な兆候をいち早くつかもうとする動きが広がっている。胎児の「心電図」から心臓の異常を見つけてよりリスクの少ない出産ができたり、高精度な超音波(エコー)で診断しておなかにいる間から治療を進められる。赤ちゃんの安全や健康を守るほか、妊婦にとっても安心感を持ったり、心の準備を進めたりしながらの出産につなげられる。

「お母さんと同じ種類の不整脈を持っているようですね」。東北大学の木村芳孝客員教授は、東京から同大病院を訪れた妊娠9カ月の女性に伝えた。女性のおなかには円を描くように11個の電極シートが貼られ、モニターには胎児の「心電図」がほぼリアルタイムで刻まれていく。

その「心電図」から胎児には不整脈の一種であるQT延長症候群という心臓疾患と同じ傾向がみられたという。赤ちゃんに負担がかかりにくいように出産する必要があるという。木村客員教授は、女性が通う東京の病院へ「慎重に分娩管理をしてください」と伝え、女性はまもなく無事に出産した。

木村客員教授は、保育器製造大手のアトムメディカル(東京・文京)とともに胎児の「心電図」を観察できる装置「アイリスモニタ」を開発した。胎児の胸の代わりに母親のおなかに貼った電極からの信号を処理、胎児の生体信号だけを抽出して心電図に近いデータが取得できる。妊娠6カ月の胎児で測定した「心電図」の波形が、生まれた後に直接測った心電図と一致するほど精度が高い。2018年の発売以降、大学病院を中心に導入が進む。

胎児が不整脈を持っている場合、生まれてから心不全などが起こる可能性があるため、出産時や生まれた後の管理はとても重要だ。これまで胎児の心電図を正確に測れるのは、破水後のみだった。木村客員教授は「おなかにいる早い段階から胎児の状態がわかることで、生まれたあとのリスクを減らすための準備がしやすい」と指摘する。

胎児の「心電図」の測定は、増加している早産や帝王切開による母親と赤ちゃんの負担を減らすことにもつながる。現在は大事をとって帝王切開などを実施するケースも多いとされているため、胎児の状態をより正確に把握することで、帝王切開の必要性なども判断しやすくなるという。

このほか、「心電図」から胎児の低酸素状態が疑われ、出産後にすぐに対処して命を救えたケースなどもあるという。