進化形コインランドリーは癒やしの空間 カフェと融合

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

パイプ椅子に雑誌片手の男子学生――。そんな雑然としたイメージのコインランドリーが「癒やしの空間」に進化している。心も洗濯してくれる東京都内のスポットを巡ってみた。

待ち時間を利用して店内で食事もできる(東京都渋谷区のBaluko Laundry Place代々木上原店)=遠藤 宏撮影

渋谷区上原。閑静な住宅街の一角の店舗。真っ白なテーブルにはひきたてのコーヒーと焼きたてのパン。コンクリート打ちっ放しの壁に柔らかな光。「パンがおいしい」とインスタグラムでも話題で、県外からの来店者も多い。

どうみてもカフェだが、パソコンをのぞき込む女性の後ろに大型洗濯機が並ぶ。コインランドリー「Baluko Laundry Place代々木上原店」。喫茶店と間違えて入店する客もいる。

「60分の生かし方」。Balukoを運営するOKULAB(東京・渋谷)の永松修平社長が考えるサービスのカギだ。洗濯機や乾燥機の機能は向上しても洗濯に必要な時間短縮には限界がある。「待ち時間にどのようなサービスを提供できるかが重要」(永松社長)という発想だ。

例えばカフェの併設。毎朝恵比寿の提携ベーカリーから焼きたてのパンが届く。コーヒー豆も京都の老舗から仕入れたものをひく。「洗濯機の横に飲食店などありえない、と言われた」。永松社長は創業当時を振り返る。

記者も実際に、下着やタオル、シャツなど約4日分の洗濯物を持ち込んでみた。洗濯乾燥機は1人なら2週間分は洗えるサイズで、洗剤、柔軟剤込みで1回60分1000円。せっかくなのでスニーカーも専用洗濯機にかけてみた。

待つ間は雑誌を読んだり、スマホをいじったり。軽音楽が流れる店内は心地よい。仕上がったタオルはふんわり、シャツの縮みもない。たたみ作業も楽しい。スニーカーもしっかり乾き、靴ひもの白さが際立つ。コーヒーとシナモンロールも味わい、費用は全部で約2000円。コインランドランドリーとしては割高だが、カフェだと思えば、洗濯も済ませられる分、有意義な時間を過ごせた気もする。

OKULABは首都圏中心に全国で約50店舗を展開し、クリーニング、カフェを併設する。コインランドリーは無人で人件費を抑えることで利益率を高めていたが、店員の常駐で安全性をアピール。顧客密着で若い女性の一人客、シニア層を掘り起こした。

早朝は出勤前らしき女性、昼下がりにはママ友らしきグループが席を埋める。休日には男性がビールをゆっくりと楽しみながら洗濯物の仕上がりを待つ姿も目立つ。電源や無料Wi―Fiも完備。友人との会話、食事、仕事――。暇つぶしでなく、時間と空間を楽しんでいる印象だ。

洗濯から乾燥、折りたたみまでしてくれる有料サービスもある(東京都目黒区のWASH&FOLD)

コインランドリーといえば銭湯の横が指定席だったが、その風景も変わりつつある。おしゃれな飲食店が軒を連ねる中目黒高架下の「WASH&FOLD」。運営会社アピッシュ(東京・渋谷)の山崎美香社長はカフェ経営の経験から場所と空間を重視する。「洗濯は作業ではなくリラックスのひととき」。雑貨も扱い、ハーブティーなどのフリードリンクもそろう。

代々木の1号店オープンは14年前。進化系コインランドリーの火付け役とされる。今、注力するのが靴の洗濯だ。衣類以上に布靴を洗い、乾かすのには手間がかかる。育ち盛りの子供を抱えた家庭ならなおさらだ。独自技術を盛り込んだ靴洗浄・乾燥機を開発、11月に渋谷に開設する新店舗に導入する。山崎社長は「衣類、布団、靴と洗濯が楽しくなる生活を」と意気込む。

共働き家庭の増加やアレルギー対策などから毛布や布団を丸洗いしたいという需要も多く、コインランドリー市場は拡大している。初期投資や人件費も少なく、リスクが少ないことがコインランドリーの魅力だったが、新規参入する企業はその真逆を進む。

賃料や機器の入れ替え、人材確保など負担は大きいが、地理とソフト面で優位性を打ち出すことでコインランドリー未経験者層は興味を示すだろう。週末は家族の洗濯物を抱え、コインランドリーでお茶に出掛けようと決めた。

◇  ◇  ◇

究極の井戸端会議の場に

「井戸端会議」の場にもなっている(Baluko Laundry Place代々木上原店)

厚生労働省などの調査では1999年は約1万2000だったコインランドリーの店舗数が2019年には2万2000とほぼ倍増する見通し。博報堂統合プラニング局チームリーダーの中川悠さんは「女性の社会進出に加え、場所・モノ・サービスのシェアリング文化が普及した」とみる。かつては井戸を囲み洗濯し、長屋の住民が生活を重ねた。OKULABの永松社長は「究極の井戸端会議の場所を提供したい」と話す。希薄化する人間関係を再構築し、ビールも飲める。いわば心の洗濯か。

(佐々木聖)

[NIKKEIプラス1 2019年11月2日付]