相談しにくい下痢や便秘の悩み 助言アプリで情報共有米国では食事療法

2019/10/16付
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

検査しても腸に異常が無いのに、腹痛を伴う下痢や便秘が続く過敏性腸症候群(IBS)に悩む人が増えている。今や10人に1人は罹患(りかん)しているとの推計もあるが、はっきりとした理由は解明されていない。外出が怖くて引きこもったり、うつを併発したりするケースもあるという。根治の難しい症状とどう付き合えばよいのか。

「電車が駅に着くたびに降りてトイレに寄らないと不安なんです」「会社のプレゼンの前には必ずおなかが痛くなります」。東京・世田谷でIBSの診察を手掛ける鳥居内科クリニックには10~20代の男性を中心にこんな患者が訪れる。鳥居明院長は「慢性的に生活を脅かされるため悩む人が増えている」と話す。

IBSは排せつ状態などから主に4種類に分類される。最も多いのが下痢型の症状だが、便秘型や、便秘と下痢を交互に繰り返すタイプもある。仕事や試験で強い緊張を感じた時や、睡眠不足や食事など特定の条件を満たした時に腸の運動が過剰になり発症する。

一般的な治療法は生活習慣の改善と投薬治療だ。下痢止めや腸の動きを整える消化管機能調節薬などを処方する。漢方薬や抗うつ薬などを組み合わせることもある。ただ治療で一時的に改善しても、薬をやめたり一定の条件を満たしたりすると再発してしまうことも多く、根治が難しい。

日本のIBS患者は推計で約800万~1000万人。ただ我慢して医師の診察を受けない人も多く、潜在的な患者はさらに多いとみられる。

身近な人には恥ずかしくて相談できない人も多いため、オンラインでアドバイスを受けたり、悩みを共有したりするサービスも出てきている。

東北大はどんな時に腹痛が起きるかなどを記録できるアプリを開発した

東北大学大学院医学系研究科は2018年、症状を入力するとIBSの可能性を診断するアプリ「おなかナビ」をリリースした。継続して記録すると発症しやすい時間帯や条件を把握できる。田中由佳里医師は「おなかをよく壊す人もどんな時なのか覚えている人は少ない。アプリを使えば兆候に気づくかもしれない」と話す。19年春にはウエアラブル端末と連動して体調を管理できる「おなか手帳」も開発した。

医療ベンチャーのGCare(ジーケア、東京・千代田)の会員専用サイト「Gコミュニティ」は医師や米国管理栄養士、臨床心理士らが症状改善に向けたアドバイスをする。患者は匿名で参加できる。今は重い病気に直結しやすい炎症性腸疾患(IBD)に悩む人に提供しているが、近くIBS患者向けにもサービスを始める。

都内の病院で消化器内科医として働く堀田伸勝共同代表は「特に医療過疎地域に住んでいる人たちに情報を届けていきたい」と話す。10月からは希望する人たちが集まる「オフ会」も始める予定だ。

食事の面でも研究が進む。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント