健康・医療

病気・医療

台風の季節は片頭痛注意報 気圧の変化、知って対策を

NIKKEIプラス1

2019/8/17付

PIXTA

台風シーズンの夏から秋にかけて、低気圧の接近とともに片頭痛を訴える人は少なくない。昔からこうした天気の状態による頭痛は天気病みとも呼ばれていた。仕組みや予防方法を知ってしっかり乗り切りたい。

「片頭痛」は、頭の片側、もしくは両側が脈拍に合わせてズキズキと痛む頭痛のこと。月に1~2回、多い人では週に1~2回ほどの頻度で数時間から2~3日間、痛みが続く。日本では約840万人が悩まされている。

同じ頭痛でも長時間のパソコン作業などで筋肉が緊張して起こる「緊張性頭痛」は体操や体を動かすことで痛みが引くことが多い。片頭痛は動くとかえって痛みが増す。頭痛以外に吐き気や嘔吐(おうと)、下痢を引き起こすことがあり、仕事や家事が続けられなくなるなど日常生活の大きな支障になることも少なくない。

片頭痛はどんな仕組みで起こるのか。獨協医科大学病院(栃木県壬生町)の平田幸一病院長によると、光、音、匂い、空腹(血糖値低下)、ストレスなどによって脳が刺激を受けるとセロトニンという脳内物質が急激に増減を引き起こし脳の血管が広がる。その結果、血管周囲に網目状に張り巡らされた三叉(さんさ)神経を刺激して炎症物質が放出され、脳が痛みを感知する。片頭痛が起こる前に火花や歯車のような光が見えたり、肩こり、生あくび、異常な空腹感などの予兆を感じることもある。

脳への刺激に過敏な人が片頭痛を引き起こすが、光、音、匂いのほか、気候や気圧の変化も引き金となる。

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL