アート&レビュー

映画レビュー

映画『よこがお』 微妙な感情 翻弄される女

2019/7/26付 日本経済新聞 夕刊

深田晃司監督の新作。「淵に立つ」(2016年)の筒井真理子を、今回は出ずっぱりの主演に、思わぬできごとに翻弄される女のすがたをえがく。

東京・有楽町の角川シネマ有楽町ほかで公開(C)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

自作のオリジナル脚本による精緻な構成と、微妙なニュアンスをとらえる演出で、観客を見たこともない領域まではこんでいく。

ファースト・シーンは、筒井真理子が美容室の客となるところ。はじめての店だが、池松壮亮演じる美容師の米田を指名予約してきた。それなりに高級な美容室に合った身なりの彼女は「リサ」と名のる。

場面がかわると、筒井真理子は、訪問介護ヘルパーとして、それなりの地味ななりで、ある家庭の老女を世話している。そこの家族からは「イチコさん」とよばれている。白川市子。

どういうことかというと深田晃司が、はじめて、精緻な叙述のなかに時制の操作をとり入れたのだ。最初の「リサ」の場面を〈現在〉とすると、「市子」は〈過去〉。市子が本当の名前。

やがては〈過去〉のできごとが主にかたられるのだが、はじまってしばらくはふたつの時制が交錯する。それ自体は別に変わった手法ではないのだが、切り換えかたが微妙なので、うっかりすると見のがしかねない(そのほうがミステリーが深まったりもするが)。

市子は、介護を担当していた家の中学生の次女がさらわれた事件から、そして最初の時点での対処を誤ったことから、社会的に追いつめられていく。

どんどん深みにはまっていく市子と、彼女に対処を誤らせ、その後もつき落としていくその家の長女(市川実日子)――しかも、それは市子を「好き」という感情が動因なのだ――との関係が、実にスリリング。

「リサ」は、復讐の女神と化した市子なのだが、その感情も一筋縄ではいかない。人によって見えかたの変わる映画かも知れない。1時間51分。

★★★★

(映画評論家 宇田川幸洋)

[日本経済新聞夕刊2019年7月26日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL