ヘルスUP

フィットネス

寝苦しい夏の夜も快眠 自律神経整える簡単ストレッチ

NIKKEIプラス1

2019/7/6付

寝苦しい夜は、簡単な運動でリラックスするといい。(モデルは早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師・渡辺久美、以下同)

夏の夜は暑く、寝付けないことが多い。ストレスによる自律神経の乱れが要因となるほか、眠りに必要な体温を下げることができない。寝る前に簡単な運動をしてリラックスすると心地良い睡眠につながる。

夏の夜になかなか眠れないのは、体温が下がりにくいことが関係する。人は体の内部の温度が下がることで眠りにつきやすくなるという特性があるが、気温が高いと体温も高い状態が続き寝付けない。

また、自律神経の乱れも眠れない要因の一つだ。本来、活動時に働く交感神経と安静時に働く副交感神経が適切にバランスをとり、覚醒と睡眠がスムーズに行われる。ところが、ストレスが長時間続くと、夜になっても交感神経が高ぶったままとなり、眠りにつくことが難しくなる。

そこで効果的なのが眠る前の簡単なストレッチだ。軽い運動によって血行が良くなり、その後の体の熱の発散が効率的に進む。さらに、背中や首、脚や尻の筋肉の緊張状態を解きほぐすことで、自律神経の働きが安定する。

まずは、体のこわばりをほぐそう。寝転んで意識的に全身の力を抜く。続いて「緊張」と「脱力」を繰り返す。肩をギュッと引き上げると同時に脚を伸ばして踵(かかと)を押し出す。5秒程度力を入れてストンと脱力する。3回程度繰り返す。次は「両膝かかえ」。両膝を抱えて15秒程度リラックスし、腰の緊張をほぐす。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL