アート&レビュー

映画レビュー

映画『凪待ち』 人間の悲しみに迫る

2019/6/28付 日本経済新聞 夕刊

昨年3本、今年も3本が公開される当代一の売れっ子監督、白石和彌の新作。元SMAPの香取慎吾が競輪依存症の落ちていく男を演じる。「凶悪」の過激な暴力描写で世に出た白石だが、人間の悲しみに迫るという点では出色の1本だ。

東京・有楽町のTOHOシネマズ 日比谷ほかで公開(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

川崎の印刷工場を解雇された郁男(香取)は、同居する恋人・亜弓(西田尚美)とその娘・美波(恒松祐里)と共に、石巻の亜弓の実家に転がり込む。美容師として稼ぐ亜弓に、生活力のない郁男は結婚を言い出せない。震災で妻を亡くした亜弓の父・勝美(吉澤健)は、末期がんだが、漁師の仕事を続けている。郁男にはどこかよそよそしい。

近所に住む小野寺(リリー・フランキー)に紹介された工場で、郁男は真面目に働き始める。だが、競輪はやめられない。家を飛び出した美波を探しにいく車の中で、亜弓と口論になり、車から降ろす。その夜、亜弓は何者かに殺される。

愕然(がくぜん)とする郁男。籍を入れていないから、美波とはもう他人だ。亜弓の元夫で美波の実父の村上(音尾琢真)をはじめ、周囲の視線は冷たい。この街には居場所がない。職場を不条理に解雇され、暴れ、ノミ屋での競輪にのめり込む。借金はかさむ。勝美が漁船を売って金を作るが、それさえもつぎこんでしまう……。

香取の大きな体が不器用な中年の悲哀をまとい、ますます大きく見えてくる。善意が裏切られるたびに、自暴自棄になっていく姿は、大きな赤ん坊のようだ。

その奥には深い喪失感と悲しみがある。やがてその喪失感と悲しみが響き合う者たちが、そっと手をさしのべる。血のつながらない者たちに助けられ、支えられて歩く大柄な香取の姿に、痛切な情感がこもる。

震災の傷に加え、いわく言い難い過去をもつ寡黙な漁師を演じた吉澤が素晴らしい。その一瞬のすごみが、ドラマの心棒となっている。2時間4分。

★★★

(編集委員 古賀重樹)

[日本経済新聞夕刊2019年6月28日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL