ナムル2種 もやしは甘ずっぱく、ズッキーニは食感を

NIKKEIプラス1

韓国料理の定番の副菜、ナムル。今回は2種類の野菜で作ります。

もやしのナムルは甘ずっぱい味に仕上げました。水っぽくならないよう、ゆでたらざるをよく振って水をしっかりきってください。赤トウガラシは、あれば韓国食材の粉トウガラシや糸トウガラシを使うと、見た目もよく、本場の味に近づきます。

もう1種はズッキーニ。すっかりおなじみの野菜ですが、生でも食べられることをご存じですか? ナムルにしても、ほどよい食感が残り、おいしく食べられます。

材料 (作りやすい分量 2品で104kcal)
<もやしのナムル>
・もやし1袋(200グラム)
・赤トウガラシ1/2本
・A[砂糖小さじ1、塩小さじ1/4、酢大さじ11/2、ごま油小さじ1]
<ズッキーニのナムル>
・ズッキーニ1本(150グラム)
・塩小さじ1/4
・ネギ5センチ(10グラム)
・B[すりごま小さじ2、ごま油小さじ2、しょうゆ小さじ1/2、塩少々]

作り方(調理時間25分)

<もやしのナムル>

(1)もやしはひげ根をとる。

(2)赤トウガラシは斜め薄切りにしてボウルに入れ、Aを合わせる。

(3)もやしをさっとゆでる。ざるにとり、よく水気をきって、熱いうちに(2)に合わせて混ぜる。

<ズッキーニのナムル>

(4)ズッキーニは厚さ1~2ミリの半月切りにする。塩小さじ1/4をふって5分おく。

(5)ネギはみじん切りにしてボウルに入れ、Bを合わせる。(4)の水気をしぼって加え、混ぜ合わせる。

献立の例 焼き肉、わかめスープ

ひとくちメモ

もやしのひげ根 とり除くのに手間はかかりますが、そのひと手間で、口あたりも見ばえもぐんとよくなります。ひげ根が茶色に変色したものは鮮度が落ちています。買うときに確認を。

(ベターホームのお料理教室 写真=大井一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2019年6月29日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。

[映像プレーヤーに倍速再生の機能が加わりました。ただし、Internet Explorerなど一部のブラウザではお使いになれません]