映画『アマンダと僕』 喪失感 日常の中で繊細に

世界各地で無差別テロが横行している現在、誰もが犠牲になる可能性がある。家族や大切な人を無慈悲な暴力で失った時、人はその悲しみからいかに立ち直れるのか。そんな状況に直面した青年と少女の絆とその姿を、生活の営みの中から描き出している。昨年の東京国際映画祭でグランプリと脚本賞を同時受賞した。

東京・銀座のシネスイッチ銀座ほかで公開(C)2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA

パリに暮らすダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は、24歳の青年。アパートの管理人業務をして生計を立てている。高校で英語教師として働くシングルマザーの姉のサンドリーヌとは父子家庭で育ったことから仲が良く、7歳の姪(めい)のアマンダ(イゾール・ミュルトリエ)が小学校から帰る時に迎えに行っている。

ダヴィッドはアパートの新しい入居者のレナと恋仲になる。そんなある日、彼がサンドリーヌやレナと待ち合わせをした公園で無差別テロが起き、サンドリーヌは病院に運ばれるが亡くなる。その夜、彼はアマンダが待つ姉のアパートに戻り、朝になってアマンダに事情を話し抱きしめる。

理不尽な犯行に巻き込まれた人たちの心の傷はいかほどのものか。負傷したレナは癒(いや)されることなく故郷に戻ってしまう。まして母親を亡くした少女の喪失感は想像するに難くない。ダヴィッドや叔母がサンドリーヌの代わりを埋め合わせることには限界がある。

そんな複雑な感情の機微を日常生活の中で描き出していく。例えば、ダヴィッドは友人に今後のことを問われた時に突然泣き出し、また1人でいる駅でも涙を流す。フランス映画として珍しく感情をあらわにするシーンは、言葉にならない喪失感を巧みに炙(あぶ)り出して心を揺さぶる。

ミカエル・アース監督はわが国初お目見えだが、日常に抱く感情の起伏を描く彼の繊細な演出は、公開を控える前作「サマーフィーリング」でも見てとれる。1時間47分。

★★★★

(映画評論家 村山匡一郎)

[日本経済新聞夕刊2019年6月21日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…
エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧