ヘルスUP

健康づくり

梅雨にべたつく頭皮すっきり トラブル防ぐ洗髪法

NIKKEIプラス1

2019/6/15付

PIXTA

高温多湿になるこれからの季節は、汗や皮脂の影響で、頭皮のベタつきやかゆみといったトラブルが起こりやすくなる。頭皮の状態は、毛髪にも影響する。頭皮を健やかに保つ洗髪法やケアのコツを知っておこう。

毛髪は、頭皮の内部で作られ成長する。「頭皮は畑の土壌のようなもの。畑が荒れていると作物が育たないように、頭皮環境が悪化していると、健康な毛髪が育ちにくくなる」。こう指摘するのは、北里大学医学部皮膚科学主任教授の天羽康之氏だ。

梅雨から夏にかけては、汗をかきやすく皮脂の分泌量も増える。頭皮に余分な皮脂や汚れがたまると、もともと頭皮に存在する常在菌が皮脂などを養分として繁殖しやすくなる。常在菌が増えると、かゆみや臭いの原因になる。また、「過剰な皮脂とカビが原因となる脂漏性皮膚炎を発症する人もいる」(天羽氏)ので、注意が必要だ。

ひどいかゆみやフケ、炎症が続いたり、湿疹を伴ったりする場合は放置しないようにする。まずは、皮膚科を受診した方がいい。

受診が必要なトラブルに至る前に、頭皮を清潔に保つケアを習慣にしたい。女性頭髪専門外来のあるウィメンズヘルスクリニック東京(東京・千代田)の浜中聡子院長は「頭皮ケアの基本は、男女ともに洗髪。毛髪だけでなく、頭皮を洗うことを意識してほしい」と強調する。

洗髪の前に優しく髪をブラッシングした後、頭皮までしっかりぬらすように軽く湯洗いをする。こうして泡立ちよくする準備をした上でシャンプーを使って洗う。シャンプーは手のひらでよく泡立てることが大切。「髪に直接つけてからゴシゴシと泡立てると必要以上の洗浄力で頭皮にダメージを与えてしまう」(浜中氏)からだ。泡立てれば、シャンプーがムラにならずに髪全体を洗える。

洗う順序は、襟足から耳の後ろ、頭頂部、額の生えぎわへと、頭の後ろから前に向かって洗っていくようにすると、洗い残しを防げる。ポイントは「指の腹を頭皮に当てて、こすらずに、地肌が動く程度の力でマッサージをするように洗う」(浜中氏)こと。頭皮の血行もよくなる。

すすぎは、シャワーを下から上に向けて、髪の流れに逆らうようにしてシャンプーの泡を流す。その後にリンスやトリートメントを使う場合も、保湿成分が余分に残らないように、しっかりとすすぐ。

洗髪後は、タオルで水気を拭き取った後、ドライヤーを使って頭皮と毛髪全体を十分に乾かす。ドライヤーは頭皮から10~20センチメートル離して、乾きにくい髪の根元から風を当てる。過度な乾燥を避けるために、温風で8割ほど乾かしたら、冷風で仕上げる。

シャンプー剤選びは「洗い上がりに頭皮のベタつきやつっぱり感がなく、1日過ごした後も髪のボリュームが保たれること」(浜中氏)を目安にする。自分の頭皮の状態や好みに合わせて選ぶといい。

例えば乾燥や荒れが気になるときは刺激が弱いものを、しっかりと洗いたいときは洗浄力や脱脂力のあるものを選ぶ。ただし、頭皮のベタつきが気になるからといって洗いすぎると、「頭皮が乾燥したり、取り去られた皮脂を補おうとしてかえって皮脂分泌を促したりすることもある」(天羽氏)。シャンプーを使う洗髪は1日1回で十分だ。

頭皮や毛髪の健康には、生活習慣も影響する。まずは栄養バランスの良い食事を心がける。特に魚や肉、卵、大豆製品など髪の材料となるたんぱく質や、野菜や果物で育毛をサポートするビタミン、ミネラルをしっかりとる。睡眠不足やストレスは自律神経の働きを乱し、頭皮の血流の悪化につながるので注意したい。

(ライター 田村知子)

[NIKKEIプラス1 2019年6月15日付]

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL