夏バテ防ぐミネラル補給 しっかり3食、バランス重視

NIKKEIプラス1

2019/6/8付

ミネラルの中でも、ナトリウムなどは熱中症予防のために必要ということがよく知られるようになってきた。普段から意識的に取ろうとする人も少なくない。

ミネラル補給を意識していても、見落とされがちなものもある。その代表例が、マグネシウムと亜鉛だ。「マグネシウムは重要なミネラルにもかかわらず、そもそも摂取量が足りていない人が多い」と西牟田院長は注意喚起する。

マグネシウムは緑色の葉物野菜や海藻に多く含まれ、体がエネルギーを作り出す働きをサポートし、不足すれば疲労感や血圧上昇を引き起こす。亜鉛は肉や魚などに多く、遺伝子の複製やたんぱく質の合成に欠かせない。不足すれば免疫力が低下して様々な体調不良につながる。夏バテの要因になりかねない。

いろいろなミネラルを過不足なく取り入れていくには、「まずは、しっかり1日3食、多種類の食材を用いた主菜と副菜がそろった食事をとること」と西牟田院長は助言する。その上で、水分補給の仕方に注意したい。

夏場は脱水症状を防ぐため、水分を多く取りがちになる。それによって、体内でのミネラル濃度が低くなってしまうことがある。高齢者の場合は特に注意が必要で「加齢で腎臓の機能が落ち、体内に水分やミネラルを留める力が低下する」と東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)総合診療・急病センターの佐々木陽典助教は指摘する。

上手な水分摂取としては、具材から様々なミネラルが出ている味噌汁やスープを積極的に飲むことを心がけたい。一方、アルコールはある種のミネラルの排出を促すので飲み過ぎを避ける。効果的な栄養補給と水分摂取を心がけ、十分な睡眠をとってストレスを抑えて夏を乗り切ろう。

(ライター 武田京子)

[NIKKEIプラス1 2019年6月8日付]