出世ナビ

私の課長時代

バブル繚乱、融資合戦から距離置く 西武ホールディングス社長 後藤高志氏(上)

2019/5/14付 日本経済新聞 朝刊

■西武ホールディングスの後藤高志社長(70)は、第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)芝支店(東京・港)で初めて課長になった。

執務場所の一つに「ザ・プリンス パークタワー東京」があります。その目の前に広がるエリアが約40年前の私の仕事場で、銀行マンとして融資業務にあたっていました。

(下)不合理な営業慣習、打破に挑む >>

後輩がある企業で手形貸付の契約を取り付け、私らが承認する段階になった時のことです。支店で昼食をとっていたところ、別の後輩が飛び込んできて「会社更生法って何ですか」と尋ねてきました。まさに審査中の会社のことをある取引先から聞いてきたのです。

取引先に確認した上で当該企業に行きました。すると運転資金として借りたいと白状しました。当初の約束は借換資金です。前提条件が違うとして融資を断りました。間を置かずに倒産したことからあのまま融資を承認していたら、我々も損をしかねませんでした。正しい判断をできたことは自信につながりましたね。

■1年半ほどで支店融資課の配属となった。

ある取引先のリゾートホテルの経営が気になっていました。現況を見ようと家族で泊まりましたが、報告された経営内容と見た印象がしっくりときません。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL