ブランド VIEWS

COHINA、小柄女性をきれいに インスタで生配信

日経MJ

2019/3/29付

身長155センチメートル以下の小柄女性に特化したブランド「COHINA(コヒナ)」が急成長している。ネット専業で商品を消費者に直接販売し、写真共有サイト「インスタグラム」を使った情報発信でコアなファンをつかんでいる。ブランド立ち上げからわずか1年強で月商は数千万円まで拡大し、毎月20~30%の成長を維持しているという。




■気に入ってもサイズ合わない悩み

コヒナは、高校からの友人である田中絢子氏と清水葵氏が共同代表として立ち上げた。「女性向けブランドの大半が、平均身長である157センチ前後を基準にしていて、背の低い女性は気に入ったデザインの服があってもなかなか合うサイズを見つけられない」と清水氏は指摘する。

小柄女性に合わせたサイズ感やシルエットが人気

2人とも身長は150センチメートル前後と小柄で、服選びに悩んできた。小柄な女性に向けたブランドはカタログ通販会社や大手百貨店も手がけているが、「デザインが40代以上向けだったり、価格が高かったりする。20~30代の女性が無理なくおしゃれを楽しめるブランドは需要があると考えていた」(田中氏)。

コヒナの価格帯はパンツが約9000円で、トップスが約7000円、アウターも1万円台だ。「プチプラよりも良いものを、百貨店ほど高くない値段で提供することを意識している」と清水氏。商品企画はすべて自社で手がけ、生産は複数のOEM(相手先ブランドによる生産)メーカーに委託している。

Latest