powered by 大人のレストランガイド

産直野菜味わうビュッフェはスーパー母体 東京・羽村

日経MJ

次々とできたての料理が運ばれてくる。どれもホッとする味で、リピートしたくなる
次々とできたての料理が運ばれてくる。どれもホッとする味で、リピートしたくなる

JR青梅線羽村駅から徒歩3分ほどにある「農村レストラン 四季菜」は、うま味調味料や添加物に頼らない自然派料理のビュッフェレストラン。食品スーパー経営のカリスマとしてテレビなどに取り上げられることが多い福島徹会長率いる福島屋(東京都羽村市)が経営する。

ビュッフェレストランというとカニやローストビーフなどの高級感のある料理を売りにして、数千円から1万円近い料金を取る店と、低価格な加工品や安い部位の肉類を使ったリーズナブルな業態が見受けられる。同店はどちらでもない。

料金はランチ・ディナーともに大人1200円、子供(3才から小学生まで)が600円。特定の目玉メニューを売りにするのではなく、すべての料理が主役。ランチ・ディナーでメニューを変えないのも目を引く。

料理は全部で20種類強。チェーン店に比べると若干少なく感じるが、驚くのはデザートを含め全ての料理が手作りであることだ。人気の唐揚げは大ぶりで、銘柄鶏を使用。野菜は全国の産地から直接届いた鮮度の良いものを使う。サラダは生だけでなく、ニンジンやカボチャなどは焼き野菜としても並ぶ。一手間かかるが、栄養の吸収と味が良くなる。

地元だけでなく、多摩地区などから車を利用してわざわざやってくるお客も多い。ランチ、ディナーとも盛況。40席の店舗で月商は350万~400万円と郊外店であることを考慮するとかなり優れている。

忘れられないのが懐かしい味がするカレーだ。ルーを使うとろみのある家庭風のカレーなのだが、聞けば無添加のカレールーを使うという。肝心のご飯は選び抜いた米を毎日精米し、その日に使い切る。炊きたてのご飯とぬか漬け、手作り味噌を使った味噌汁だけでも満足できる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド