男性の尿漏れ、40・50代の3割が経験 専用品で備え持ち運び便利に、シミも目立たず

男性が年齢を重ねるにつれて増えてくるのが尿漏れ(軽失禁)だ。下着やズボンについた汚れや臭いを気にしながらも、放置したままの人がほとんど。男性の「チョイ漏れ」のひそかな悩みを解消するため、最近は使いやすさを考慮したケア商品が増えている。

花王のパンツ型製品は普通の下着のようで抵抗感は小さい

男性の軽失禁は出し切れなかった尿が尿道内にとどまり、残った尿が漏れ出す「排尿後滴下」という現象だ。

女性の尿漏れは重い物を持った時やくしゃみをした時に出るが、男性はトイレを済ませてズボンを整えた後が多い。尿道の周りの筋肉が加齢で衰えることによって尿を出し切れず、健常な男性にも起きる。下着や肌をぬらし不快感を伴う。

深刻な症状ではないので病院には行かないが、他人に相談できず悩んでいる人は多い。花王の2018年5月の調査によると、「軽い尿漏れがある」と回答した男性は40代と50代で3割、60代になると4割近くにのぼった。量は小さじ1杯(5cc)未満の人が8割以上を占める。ただ、少ない量でも「ライトグレーのズボンではしみがはっきり目立つ」(同社)。

埼玉県内の市役所に勤める男性(44)は、仕事がら長時間の会議や外部のセミナーに参加する機会が多い。チョイ漏れが気になり、打ち合わせの内容に集中できないこともしばしばあった。重要なスケジュールがある日は朝から水分を控えていた。尿を吸収するパッドの存在を半年前に知り、装着したところ「ズボンのしみが気にならなくなり、仕事に専念できるようになった」という。

この男性が使用したのが「ズボンにしみない、目立たない」をキャッチフレーズにユニ・チャームが販売している「ライフリーさわやかパッド男性用」だ。下着の内側に貼り付けて使う。2014年から販売を開始し、16年にチョイ漏れ用として吸収量が10ccと少ないタイプを追加した。薄型でポケットに入れて持ち運べるので便利だ。

メーカー各社によると、男性の軽失禁のケア商品の販売は伸びているが、女性用と比べると市場規模はかなり小さい。「男性の尿もれ専用の商品があることはなんとなく知っているが、使い方の具体的なイメージを持たない人が多い」(ユニ・チャーム)という。

花王の調査では、しみや臭いを周囲に気づかれる不安を感じている人が7割を占めるが、対処している人は1割程度にすぎなかった。

一般的な対処法としては、ウエットティッシュでふき取ったり、消臭スプレーを使ったりすることが多いようだ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント