肌老化、原因の8割は太陽光 紫外線増える春から対策雨の日でも日焼け止め/メガネ着用有効

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

肌の老化は、加齢よりも太陽光による影響が大きいという。春は紫外線量が増え始める時期。太陽光が皮膚に与えるダメージや有効な対策を知り、日ごろから肌の「光老化」予防に取り組もう。

太陽光線を長期間、無防備に浴び続けることで、皮膚にシミやシワ、たるみといった症状が現れることを「光老化」と呼ぶ。メンズヘルスクリニック東京(東京・千代田)総院長の川島真氏は「肌の老化は加齢によるものと思われがちだが、原因の8割は光老化」と指摘する。光の浴び方次第で年齢を問わず肌の老化は進むという。

太陽光線は波長の短い方から紫外線、可視光線、赤外線に大別される。光老化に影響を及ぼすのは、紫外線のB波(UVB)とA波(UVA)、近赤外線だ。

皮膚は外側から角層、表皮、真皮、皮下組織で構成される。UVBは表皮に届き、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする「日焼け」を起こすほか、シミやソバカスの元になるメラニンの生成を促す。川島氏は「UVBは表皮の細胞の遺伝子を傷つける。その修復が何らかの原因でうまくいかないと、がん細胞が生じて増殖し、皮膚がんを発症することもある」と話す。

UVAが届く真皮には、肌のハリや弾力のもととなる膠原(こうげん)繊維(コラーゲン)や弾性繊維(エラスチン)が張り巡らされている。UVAによるダメージが蓄積すると、その構造が壊れてシワやたるみが生じる。「近赤外線が皮膚の土台である皮下組織を傷付けることで、たるみが起こることも近年分かってきた」(川島氏)

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント