ヘルスUP

病気・医療

関節リウマチ、薬で治療 症状の進行が抑えられる 早期発見がカギ たばこは引き金に

NIKKEIプラス1

2019/2/16付

PIXTA

関節が腫れて痛む関節リウマチ。かつては難病の代名詞で、全身に症状が広がって寝たきりになることもあった。治療薬が進歩し、現在は進行を抑えることが可能になっている。症状や診断、治療についてまとめた。

関節リウマチは膠原(こうげん)病の一種。膠原病とは細菌などの異物から体を守る免疫機能の異常により、本来守るべき自分の細胞や組織を攻撃し、炎症などを引き起こす自己免疫疾患を指す。

日本の患者数は約70万~100万人とみられる。女性が約8割を占め、特に30~40代の女性に多く発症する。

主な症状は関節の痛みや腫れ、こわばりなど。慶応義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科の竹内勤教授は「発症すると、関節の軟骨を包んでいる滑膜に炎症が起きて腫れ、朝起きたときにこわばりを感じるようになる」と説明する。どの関節にも発症の可能性があるが、最も多いのは手指の第2関節と第3関節だ。

チェックリスト(イラスト参照)にある症状が見られたら、早めに内科や整形外科を受診する。特に(1)~(3)全てに該当すると、関節リウマチの可能性が大きい。東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター診療部長の山中寿教授は「早期発見と適切な薬物治療により、半数以上の患者が日常生活に支障のないレベルに回復する」と話す。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL