エンタメ!

映画セレクション

映画『蜘蛛の巣を払う女』 ハッカーの闘い視覚化

2019/1/11付 日本経済新聞 夕刊

近年の北欧ミステリー小説人気を牽引(けんいん)するスウェーデン発「ミレニアム」3部作は、著者スティーグ・ラーソンが出版前に死去したためこれで終了と思われていたが、実は未完の続編があり、版権管理の遺族の依頼で、事件記者経験を持つダヴィド・ラーゲルクランツが第4部を執筆した。

東京・日本橋のTOHOシネマズ日本橋ほかで公開

それを「ミレニアム」の映画化『ドラゴン・タトゥーの女』の監督デヴィッド・フィンチャーが製作総指揮に廻(まわ)り、『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレスが監督、続編が生まれた。

母を虐待した大物スパイの父を憎み、虐待男を痛めつけて憂さを晴らしている天才ハッカーのリスベット(クレア・フォイ)は、世界中の防衛システムに侵入可能なプログラム、“ファイヤーフォール”の製作者から米国家安全保障局(NSA)が持ち去ったそのプログラムを取り戻すように依頼を受けて成功する。ところが彼は死に、プログラム解読の暗号を記憶する自閉症の幼い息子が残された。

リスベットは何者かの襲撃を受けてプログラムを奪われるが、前作で協力し合ってたまにメールで連絡をとるミレニアム誌の記者ミカエル(スヴェリル・グドナソン)の調べで、犯人は彼女の双子の妹カミラ(シルヴィア・フークス)が父から引き継いだ悪の組織“スパイダーズ”だったことが判明した。

視覚化が難しいハッカーの犯罪を、見た目がまるで違う双子姉妹の骨肉の争いを通してわかり易く語る巧みな計算。凍(い)てついたストックホルムの寒さに震えそうなスリリングなアクション・シーンに息をのむ。

ミカエルがガラス張りのエレベーターに乗り、道路を隔てて建つ建物に目をやれば、エレベーターの中に彼を見つめるリスベットがいた。久しぶりの再会だが互いに触れられない。まるでコンピューターの中の出来事のような再会がやるせない。1時間55分。

★★★★

(映画評論家 渡辺祥子)

[日本経済新聞夕刊2019年1月11日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL