室温が下がりやすく注意が必要なのが、肌の露出が多くなる浴室やトイレなど。脱衣所の室温は小型の暖房器具などを使って18度以上にする。シャワーで熱めの湯を高い位置から浴槽に注ぐと、蒸気の働きで浴室内を20度前後に暖めることができるという。

湯温は41度以下に保つ。「42度と41度では、体にかかる負担がかなり異なる」(高橋院長)。温度調整ができない場合は、湯温計を使おう。

入浴方法にも気を配りたい。浴槽に入る前にかけ湯をして、湯に体を慣らす。湯につかる時間は1回10分以内に。浴槽では急に立ち上がらないようにして、立ちくらみを防ぐ。食後1時間以内や飲酒後の入浴は避ける。

一人暮らしの場合は、周りに人がいる公衆浴場や日帰り温泉を使う手もある。入浴後は湯冷めに注意。気温が下がり過ぎない日没前に入浴するのも有効だ。

杉院長は「寒い場所に移動するときは、スリッパや厚手の靴下をはくなど体を冷やさない工夫が大切。体表近くに太い血管が通る首筋は冷気の影響を受けやすい。屋外に出るときはマフラーを巻くなどの対策を取って」と話す。

日本気象協会(東京・豊島)と東京ガスが共同開発し、インターネットで公開している「ヒートショック予報」も参考になる。全国約1900地点の7日先までのヒートショックリスクを5段階で示している。リスクの高い日は脱衣所の室温や浴槽の湯温などに十分注意する。高齢の親など離れて暮らす家族にも電話などで一声かけると、事故防止につながる。

(ライター 荒川直樹)

[NIKKEIプラス1 2019年1月12日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント