イイネ!

ちふれのアイブローペン コスパ・使いやすさにファン

日経MJ

2018/12/26付

ちふれ化粧品(埼玉県川越市)が2008年に発売した「アイブローペンシル くり出し式」がロングランを続けている。色が簡単に落ちにくいだけでなく、手ごろな値段でブラシも付いていることが人気の理由だ。年間出荷個数が17年度に115万本となり、2年間で1.5倍に増えた。

使い方も簡単だ。まず付属のブラシで眉毛の流れを整える。芯を2ミリメートルくらい出し、毛の流れに沿って一本一本植え込むように眉を描く。その後ブラシでラインをぼかす。

商品の特徴は肌への密着感だという。水や汗、皮脂に強く、きれいな仕上がりが長持ちするという。またくり出し式にして、鉛筆のように削る必要がない。消費者からは「安いし描きやすい」(40代女性)、「コスパが良いので愛用している」(30代女性)といった声が寄せられる。現在はブラウンとグレーの2色を販売しており、19年3月からライトブラウンを新発売する予定だ。商品は1本税別400円。

[日経MJ 2018年12月26日付]

「イイネ!」記事一覧

Latest