コンタクト、老眼にもフィット 広がる遠近両用品

中高年になると老眼で近くが見えづらくなり、老眼鏡などの「メガネが手放せない」という人が増える。さらに年齢を重ねると白内障も進行し、手術後にメガネが必要になる。ただ、近視用コンタクトレンズを使い慣れた人はメガネに抵抗を感じることが多い。こうしたなかで遠近両用コンタクトの製品が増え、白内障の治療法の選択肢が広がるなど、メガネに頼らない生活を後押しする動きが目立っている。

東京都西東京市に住む女性(58)は50歳手前から使っていた老眼鏡に慣れず、肩こりに悩んでいた。約2年前に遠近両用コンタクトに変えたところ症状が改善し、現在は編み物やゴルフを楽しんでいる。

老眼は見たい距離にピントを合わせる目の水晶体の調節力が衰えて小さい文字がぼやけて見えなくなったり、手元がかすんだりする老化現象。40歳代から自覚症状が出ることが多い。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J、東京・千代田)が2014年に実施した調査で、45歳から49歳までの男女の81%が「手元が見えにくい」など老眼の症状を感じていた。

手元から遠くまでが見える遠近両用メガネは、見たい距離に応じて視線を上下にずらす必要があるため、慣れるまで煩わしく感じる人は多い。

メガネを使いたくないという人に向くのが遠近両用のコンタクトだ。これまで近視用を使ってきた人が老眼と診断された場合、眼科医に相談すれば処方してもらえる。最近は多様な機能を持つ製品が登場している。

J&Jは1日使い捨てタイプの遠近両用コンタクト「ワンデーアキュビューモイスト マルチフォーカル」(ソフト)を販売する。近くを見る部分と、その周りの遠くを見る部分を遠近両用メガネのように明確に区切っていない。度数をグラデーションのようになだらかに変えた光学設計で、遠近の見え方のバランスを自然にしたという。

同社学術部のスミス朱美・医学博士は「視線をずらす必要もなく、自然な見え方が得られる」と話す。瞳孔の大きさや度数に応じ、171種類から自分に合ったレンズを選べる。

コンタクト大手のメニコンは、老眼と乱視を矯正できる「2WEEKメニコン プレミオ 遠近両用トーリック」(ソフト)を12月上旬に発売した。同社の推計ではコンタクト利用者のうち40代以上が約45%を占める。ただ遠近両用タイプの使用は約8%にすぎない。乱視も矯正する機能を製品に持たせて、シニア層の継続利用を促す。

60歳代以降になると、白内障が老眼に覆いかぶさるように進行する。視界がぼやける、かすむといった症状がひどくなる。

こうなると濁った水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを入れる手術が必要になる。ピントを遠くまたは近くのどちらかに合わせる単焦点の眼内レンズが現在の主流のため、遠近ともにはっきり見るためには、手術後にメガネをかけなければいけない。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント