終末期患者に「死ぬ権利」はあるか 国内議論進まず

2018/12/17付

患者が自らの意思で飲食を拒み、死を早めようとする行為に医療現場で困惑が広がっている。終末期医療に関わる医師の3割ほどがこうした患者を診たという調査がある。「苦痛などから逃れたい」という思いなどが原因とみられるが、欧米では「患者の権利」として医療者向けのガイドブックもある。「死ぬ権利」はあるのか。医療現場は苦悩している。

新城医師は訪問診療で信頼関係を築いた患者から様々な悩みや不安を打ち明けられる

「いっそのこと、死なせてくれないかな」。末期の膵臓(すいぞう)がんを患い、日々苦痛に見舞われていた神戸市の70代男性は、ホスピスの担当医、新城拓也医師にいつもと変わらない穏やかな口調でつぶやいた。「死にたいと考えるほど追い込まれているのですか」。新城医師はこう返すことしかできなかった。

新城医師が経験したのは約10年前。「ここまで強く死を求められたのは初めて。どうしてよいのか分からなくなった」と振り返る。

「薬で眠らせて」

男性は自力で飲み食いができる状態だったが、長くとも2カ月程度で亡くなるとみられていた。「先生が死なせてくれないなら、飲み食いをやめる。薬で眠らせてほしい」。反対する妻や新城医師の思いとは裏腹に、男性の意思は強く、一切の治療も拒否した。

そのため新城医師は看護師などと相談を重ね、最終的に睡眠薬を微調整して本人が望むように少しずつ眠らせることを決断。男性は1週間ほどで亡くなった。

「医師としてどう対応すればよかったのか」。悩み続けた新城医師は男性が実行したものが「VSED(Voluntarily Stopping Eating and Drinking)」であると知ったのはそれから数年後のことだった。

日本緩和医療学会と日本在宅医学会の2016年の調査によると、終末期医療に関わる医師の3割ほどがこうしたVSEDを試みた患者を診たことがあると回答。このうち患者の人数については「1~5人」が29%と最多で、「10人以上」と答えた医師もいた。

日本では患者やその家族から強い要望があったとしても、医師が自らの手で致死量の薬剤を投与するなどして患者を死に導いた場合、司法で処罰される可能性がある。

調査を主導した新城医師は現在、訪問診療医として緩和ケア専門の「しんじょう医院」(神戸市)の院長を務める。患者でVSEDを実行したのは神戸市の男性のみだが、「日本の医療現場ではVSEDという言葉があまり知られていないだけで、実際に試みようと考える患者は一定数いる」と指摘する。

欧米の医療現場ではVSEDは知られた言葉となっている。米国では17年、看護師協会がVSEDを「患者の権利」とし、その意思を尊重すべきだとする声明を出した。オランダではVSEDを実行する患者のケアについてガイドブックが存在する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント