障害ある子の親を笑顔に 一緒に野外体験・家庭訪問

発達障害や脳性まひなど心身の発達に支援が必要な子供たち。子供自身の療育だけでなく、心労を重ねる親にも目を向けた家族支援の重要性が増している。家族ごと支えることで親子の信頼関係を深める。そんな取り組みを実践する施設の事例を紹介する。

沖縄の海で、親子でリハビリをする杉本さん親子

穏やかな海が広がる沖縄県東海岸の金武町。5年前にできた発達支援センター「ぎんばるの海」には親子でマリンスポーツを体験できるプログラムがある。

「親子で海に入ったのは初めて。専門スタッフがいるので私自身も安心して楽しめた」。東京から来て9月に初めて体験した杉本ゆかりさん(38)はうれしそうに話す。娘の理々霞さん(15)は急性脳症による手足のまひがある。これまでも沖縄へ旅行したことがあり、理々霞さんは海が大好きだ。でも「サポート無しでは娘を海に入れることはできなかった」。

杉本さん親子を指導した理学療法士の丸山敦士さんによると、海の中では体の緊張が解けて、波の揺れにはリラックス効果がある。そして何よりも「親子が自然に笑顔になれる効果が大きい」と丸山さんは言う。

ぎんばるの海を運営する智晴学園の琉球リハビリテーション学院には日本で唯一の海洋リハビリ学科があり、専門家を養成している。親子プログラムの利用は増え、年5~6組になった。杉本さんは「周りのお母さんも親子体験にすごく興味を持っているので、今度は仲間も連れてきたい」。

同学園の儀間智理事長は「子供と一緒に心地よい時間を共有すると、親としての自信が培われる。親が笑顔でいるだけで子供は安心し、それが親の負担も減らす相乗効果が期待できる」と話す。「家族全員が安らげるリゾートリハビリを目指す」

家庭への訪問を含め、家族ごと支援する施設もある。広島市と愛媛県松山市に7つの事業所を運営する会社「奏音(かのん)」。小学1年生の双子の男の子が施設のブランコやトランポリンがある部屋で、汗だくになって遊んでいる。母親(46)がブランコを押すと2人の笑顔がはじけた。「ママ、のど渇いた」と普通に会話している。

2人とも発達障害があるというが、見た目には全くわからない。ところが、この「普通に見える」ことが親の心労や悩みを、むしろ大きくすることがある。

「2人ともこだわりが強く、通常は2歳で終わるイヤイヤ期がずっと続く感じ。この施設に通い始めた3歳までは大変過ぎてあまり記憶がない」と母親は話す。周囲は子供の特性がわかりにくいため、「育て方の問題だ」と理不尽な非難を受ける親は少なくない。

次のページ
親の悩む姿 子も苦しむ
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント